東日本大震災物資提供・寄附金実施

プロパティエージェントでは、2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、「我々に出来る復興支援をし、我々は力強く前に進む。」というスローガンを掲げ、発生直後から物資の提供や住空間を創造するものとして仮設住宅に着目し、仮設住宅に暮らす方への義捐金の寄附等を行い、被災地の復興・復旧に向けた支援を行ってきました。

阪神淡路大震災の際、仮設住宅を必要とする方がいなくなるまで4年と362日という期間を要しました。プロパティエージェントでは、この前例をもとに、物資提供による支援に加え、2016年までの5年間に半年に一度の頻度で義捐金による経済的支援をさせていただきました。

(当時の様子を記したブログになります:http://ameblo.jp/message11/

しかし、震災発生から5年という節目において、宮城県庁を訪問し、震災の復興状況をうかがったところ、現地でしか知りえない多くの生の声を聞く事ができました。

宮城県では、仮設住宅の方が入居される災害公営住宅の進捗が計画戸数に対して54%しか進捗しておらず(2016年2月29日現在)、100%完成するまでには、想定であと3年余りかかるとのことでした。このような状況を鑑み、プロパティエージェントは、全社員一致の意思のもと、2019年まで追加で3年間の経済的支援をさせていただくことにしました。

東日本大震災義捐金寄附実績

東日本大震災義捐金寄附実績 東日本大震災義捐金寄附実績
                                                                                           
寄附年月 寄附額
2011年9月 ¥500,000
2012年3月 ¥1,040,000
2012年9月 ¥1,241,200
2013年3月 ¥1,350,000
2013年9月 ¥1,350,000
2014年3月 ¥1,814,400
2014年9月 ¥2,190,000
2015年3月 ¥3,350,000
2015年9月 ¥5,040,000
2016年3月 ¥6,900,000
2016年9月 ¥7,448,000
2017年3月 ¥7,854,000
2017年9月 ¥8,112,000
2018年3月 ¥8,532,000
¥56,721,600

地域清掃活動

プロパティエージェントでは、地域貢献活動として、「クレイシア」シリーズを始めとする当社物件の周辺地域の清掃活動を行っています。

これは当社が物件開発を行っている地域にお住まいの方々も、弊社のステークホルダーであるという考えのもと、日頃の感謝の気持ちを込めて少しでも地域の方々への恩返しと地域貢献がしたいという思いから始まりました。

地域清掃活動