お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

当初は、いい印象ではなかったのですね。

彼の話を聞いて、イメージがガラリと変わりました。

彼の話を聞いて、イメージがガラリと変わりました。

もともと、不動産に対してはあまりいいイメージはありませんでした。短期的に儲けるものという思い込みもあり、怪しい話に聞こえていたのです。最初に営業を受けたのは同業他社からでしたが、そんなにおいしい話が簡単にあるわけがないと思って聞いていました。友人からの話が本格的になったのは、最初の世間話から1年くらい後です。その時の彼は少し戦略を練ってきたようで、他社の営業トークとは違います。大きな差は、短期的な収益を狙ったものではないということ。節税効果はもちろんだが、長期保有して資産活用するものだと説明を受けたのです。長期的なインカムゲインを積み立てていくという話で、印象はガラリと変わりました。保険に近い商品だと感じたのです。

短期投資よりも長期運用がマッチしましたか?

保険にも入っていなかったので、長期を考えました。

保険にも入っていなかったので、長期を考えました。

不動産投資の経験者にも話を聞いてみると、中古物件なら短期投資、新規物件なら長期運用だとアドバイスされました。でも、中古の一括資金を用意するのはサラリーマン稼業では難しいものがあります。保険にも入っていない私の場合、長期運用だと思いました。立地条件などに左右されるモノ勝負になりそうな点が不安でしたが、その不安感も、プロパティエージェントさんの物件リストを見せていただいた時に解消されました。リストを見ると、この物件価値が落ちるとしたら、日本中どこの物件も落ちる時だろうという条件だったのです。実際に物件を見せてもらうと、利用者が確保できる、地域や路線の優良物件を押さえています。自分が一人暮らしなら、ここに住みたいなと思える部屋でした。

何が契約までの決め手となりましたか?

きっかけは営業担当、会社と物件の信用度は同じくらいです。

きっかけは営業担当、会社と物件の信用度は同じくらいです。

契約までのきっかけを振り返ると、自分ごととして不動産投資の話を聞いてみる気になったのは、営業担当の彼がきっかけです。話に納得できたので、会社選び、物件選びという段階に進めました。ただ、同じ営業職として、営業トークだけを鵜呑みにはしないというが自分の性分です。営業はいい話を中心にするし、悪い情報はあえて積極的に外には出さないもの、と構えて臨みました。自分でも物件にきちんと目を通して、他社の物件とも比較しました。その結果、「ここなら」という物件はプロパティエージェントだったのです。会社の信用度と物件価値は、ほぼイコールですね。営業の彼もいいタイミングで会社や物件の情報提供をしてくれたので、ベストと思える物件を選ぶことができました。

物件オーナーとなって、どんな変化がありましたか?

意識の面では、大きな変化を感じています。

意識の面では、大きな変化を感じています。

ローン返済のプレッシャーを予想していましたが、家賃とローンがツーペイになって大きな負担は感じません。むしろ、変化が大きかったのは精神面ですね。それまでは、家族ができた時のことはぼんやりとは考えていましたが、実感はありませんでした。所有してからは、結婚や子供など、自分のライプランやライフイベントに合わせて計画的に資産運用を考えようという意識が深まりました。この8月には第一子が生まれる予定なので、その時にはまた価値観や考えも深まるのでしょう。ここからは自分の人生でありながら、自分だけの人生ではなくなります。家族のために最低限の責任を果たしつつ、どこまでプラスアルファを積み上げていけるか。妻と子供のために残せるものができたことも大きな意義です。

今後、営業担当に求めていきたいことはありますか?

専門知識を身につけて、営業の幅を広げてください。

専門知識を身につけて、営業の幅を広げてください。

プロパティエージェントさんは、周囲の方たちにも「シュッと」している人が多いんです。スタッフの方々の役割分担も明確で、わかりやすい。担当の彼はリレーションシップの部分をメインにまかなっているのでしょうね。でも、今後は彼にも法的な知識や金融関係のことも身につけてもらえると、自分の担当者としてなんでも相談できる存在になってもらえると思います。先日は、営業アプローチから契約まで一人でやりきる仕事をしたそうなので、これからの成長に期待しています。自分も、こんなところが良かったよという自分の満足感は友人たちに伝えることができるので、この人には不動産という投資手段がマッチすると思う人には積極的にパイプをつないでいきたいと思います。

では、営業担当に何かアドバイスをお願いします。

根拠のある回答を示せるようになってください。

根拠のある回答を示せるようになってください。

友人として信頼感のある彼を、一営業担当としてみると、リレーションを築くのがうまいタイプだと思います。スルスルっと相手の懐にもぐりこんで、仲良くなれる人。昔とちょっとイメージが違うところは、ここは、というポイントではちゃんとプッシュしてくるようになりました。話をしていても「お、今日はここが押しだな」とわかります。営業は、押す時も大切ですが、引き際も重要。彼もそのへんのタイミングは心得ていますね。一つ、ウイークポイントを指摘すると、突っ込んだ質問をした時のアンサーには、まだ精査が足りない(笑)。その情報はどこから得たもので、何を根拠にしているか。きちんとエビデンスを示して話ができると、理系のお客様の気持ちもつかめるんじゃないでしょうか。頑張ってください!

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

李様への「エージェントの意義」

幼馴染として、一緒に幸せになりましょう。

幼馴染として、一緒に幸せになりましょう。

小学校から一緒で、いい所も悪い所も知っているような仲です。決断の必要な商品をお世話させていただきましたが、根底にあるのは、彼に幸せになってほしいということです。不動産投資を進めたのも、彼が結婚するとわかって、将来のために備えてほしいという気持ちからでした。物件を所有したことで、家族のためにお金の使い方が変わったと聞いて嬉しかったです。いつも賢いし、自分でも積極的に情報収集をするタイプで、自分の考えもどんどんぶつけてきてくれます。同じ営業職としても尊敬しているし、今後も何かとアドバイスをもらうでしょう。ずっと友人として責任を持って支えていきたいし、一緒に幸せになりたいと思っています。

> 採用情報