お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資にはご興味ありましたか?

信頼できる情報が欲しいと思っていました。

信頼できる情報が欲しいと思っていました。

私は、入社してからずっと同じ地域を担当しています。おかげで地域周辺のことにも詳しくなりました。地域の専門家になることで見えてくることがあるように、 不動産投資に関しても、身近な専門家でないと仕入れにくい情報があるはずです。 私も、頼れる専門家に出会えたことで、不動産投資を自分の取り組みとして考えるようになれました。知り合いにアパートを一棟買いして経営する方がいたこともあり、不動産投資には以前から興味はあったんです。その方からは、うまく軌道に乗ったという成功談として聞いていたのですが、そこに至るまでには胃の痛い思いもされたと伺いました。こわい面もあるな、リスクもあるぞ、と受け止めていたので、信頼できる情報が欲しかったのです。

話を聞こうと思ったのはどうしてですか?

ライフプランニングの相談から乗ってもらえました。

ライフプランニングの相談から乗ってもらえました。

営業担当の方からは、不動産投資というよりも、将来のライフプランニングの相談という形で話を伺いました。私もあえて独立する必要がなければ、このまま行きたいとは思っていますが、競合が激しい業界なので、幾つかの選択肢は持っておきたかったのです。今後、独立するにしてもキャリアアップするにしても、後学のために話を聞いてみようと思いました。担当者の方の話はわかりやすく、自分の知らない知識を知ることができました。資産形成をするにせよ、今の利益を得るにせよ、不動産には商品としての魅力があります。ただ、良い商品だとしても実際の取引には書類の揃え方や交渉ごとなど、自分だけでは難しいことがあります。プロパティエージェントさんでは、そこまでを手伝ってくれるということもあり安心できました。

大きな買い物に迷いはありませんでしたか?

いい提案をしてもらえたと納得できました。

いい提案をしてもらえたと納得できました。

買い物としては高額ですし、ローンも長期。決断には勇気が必要でした。決めていいのかなと最後まで迷ったのも事実です。話を伺ってからも、裏を取るような気持ちで自分でも調べました。ネットからの情報は、玉石混交だとわかっていたのでほどほどに。実は、自分たちの業界のことでも、有ること無いことを書かれていることが多かったのです。ネットは情報が氾濫していることを踏まえつつ情報を探りました。参考になったのは、雑誌や書籍の情報です。その結果、いい提案をしてもらえた、正しい選択だと思えました。それに、不動産なら最悪の場合でも資産が残ります。もしもの時は、働きながら自分で不動産管理をしていこう。そのくらいの腹はくくって決めました。

株と不動産投資、どこが違うでしょうか?

不動産投資は資産が残り、物件のある街に想いが生まれます。

不動産投資は資産が残り、物件のある街に想いが生まれます。

株式投資は、大学在学中に始めました。ネット証券会社が出始めた頃で、これはやらない手はないだろうと。ちょうどITバブルだったので、当時話題になった会社の株も持っていました。ところが配当がつかなくなって、危険を感じて売りました。当時は、もう少し持っていたらもっと高く売れたのにと思いましたが、後になって振り返ると紙一重のタイミングで売り抜けることができたのですから運がありましたね。不動産投資には、長く資産として残るという利点があります。株式投資には現物としての実感がありません。物件には、そこに生活があり、物件のある街に想いが生まれます。購入する時も、立地条件も大切な要素だと教えてもらい、確かにそうだなと地域や路線などを調べました。商品自体はもちろん、自分でもここに住みたくなるような立地条件で紹介していただきました。

営業担当との相性はいかがでしたか?

仕事への情熱を感じることができました。

仕事への情熱を感じることができました。

担当の方は、こちらの考え方を受け止めた上で話してくれます。不安な気持ちをフォローしてくれ、相談に乗ってくれました。コミュニケーション能力が高くて会話も楽しくできます。気になったことを質問すると、即座に回答が返ってきて、その積み重ねが信頼感につながりました。一人で情報収集して決断しろと言われたら難しかったかもしれません。実際には、他社と契約するという選択肢もあったのですが、担当の方からは、この業界自体が好きだという情熱を感じることができました。これからも、単に物件のことだけではなく、今後の新しい商品企画など、その背景を踏まえたおつきあいを続けていきたいですね。私のライフプランニングに総合的に関わってほしいと思っています。

今後の私どもへの期待はどんなことでしょう?

お互いを高め合うWin-Winの関係をつくりましょう。

お互いを高め合うWin-Winの関係をつくりましょう。

私どもの業界では、まったくの未経験から講師になれる方は少なく、一本立ちするにはある程度の経験値が必要です。私もお客様に育てていただいたという感覚を持っています。厳しいお客様もいらっしゃいましたが、そうしたお客様に鍛えられたから今があるのです。私と営業担当の関係性も、お互いを高め合うようなパートナーシップを築きたいと思っています。会社についても、私も入社以来、株式公開、一部上場という会社の成長を見ることができました。夢を感じて会社に勤めています。担当の方も、会社としての勢いを感じながらプロパティエージェントさんに在籍されているはずです。これからも、お互いが相乗効果を生み出せるようなWin-Winの関係を築いていきましょう。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

清水様への「エージェントの意義」<宮城>

キャリアアップをサポートさせていただきます。 

キャリアアップをサポートさせていただきます。 

清水様は、初めてお会いした時から、将来に対する明確なビジョンをお持ちの方でした。お食事をしていてもお酒の席でも、学習塾の話や業界展望の話題が頻繁に出てくるんです。ご自分の仕事について、業界について、将来をこうしたいという熱意あふれる話を伺うことができました。私たちは、清水様がこれからのキャリア形成に集中していただけるようにバックアップさせていただきます。キャリアアップや独立など、夢の実現に向けて突き進んでください。

清水様への「エージェントの意義」<伊藤>

いつも、頭の片隅に私たちの存在を。

いつも、頭の片隅に私たちの存在を。

時には、奥様や彼女のような存在感で、良きパートナーでありたいと思います。不動産投資に関しては、私どもからプロとしての情報伝達をさせていただきます。一方で、社会人としてはこちらが教えていただくこともたくさんあると思います。清水様が仰るとおり、お互いを高め合えるパートナーとして末永くおつきあいをさせてください。そして、私たち二人がいることをいつも頭の片隅に置いていただき、忘れないでいてください。