お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

初めての不動産投資に、ポジティブだったそうですね。

稼いだお金は自己投資に費やしていたので、区切りになりました。

稼いだお金は自己投資に費やしていたので、区切りになりました。

不動産投資は全くやったことはありませんでしたが、縁遠いものとは感じていませんでした。僕にとってはそれほどハードルの高いものではなかったんです。というのも、以前の職場でも不動産投資にトライしている人は何名もいて、成功話をよく聞いていました。ネガティブな話ではなく、前向きな投資話として情報をキャッチしていたんです。他の投資策は特に考えなかったですね。そもそも、ここまでの人生は仕事に注力しすぎて、お金について貯めるとか、増やすことを深く考えたりはしませんでした。入った収入は、自己投資の為に思い切って使っていました。僕は本来の軸である仕事に集中するタイプなので、将来への投資という意味でも、仕事を頑張った自分へのご褒美が必要ですしね。

不動産投資の仕組みには納得されましたか?

強制的な貯金みたいなもので、自分に向いていると思えました。

強制的な貯金みたいなもので、自分に向いていると思えました。

プロパティエージェントさんは、旧知の友人から紹介された会社でした。紹介してくれたのは信頼できる友人だったので、それならば話を聞いてみようという流れです。聞いてみると、大きな持ち出しをしなくても資産作りができる。これは魅力的な仕組みでした。最初に大きな金額が必要な投資話は相当思慮しなければなりませんし、中々一歩が踏み出しにくいですよね。それと、一定の投資金額が決まって動くことも納得できました。強制的な貯金みたいなものですね。頭の中は99%が仕事なので、株やFXなど他の情報収集に追われる仕組みでは手が回りません。自分へのご褒美や自己投資を我慢せずとも、自動的に投資できるシステムは自分に向いていると思いました。

決断は、驚異的なスピードだったそうですね。

二件とも即決でした。うじうじ悩むよりも大胆な決断です。

二件とも即決でした。うじうじ悩むよりも大胆な決断です。

話を聞いて一週間くらいで即決しました。ローンを組むことの怖さは考えましたよ。家賃収入は不確実だけど、ローンの支払いは確実ですから。検討するにあたって、リスクとして理解していたことは二つ。一つは空室のリスクで、もう一つは物件そのものの値下がりです。空室リスクに関しては実績をデータで見せていただき、納得することができました。空室率はそれほど大きくありませんし、次の入居者確保はできています。物件価格については、近しい物件の価格変動を見せてもらって、ワンルームマンションに大きな価格変動は起こりにくいんだなということは理解できました。データ上の物件と自分が保有しようとする物件、どこまで同じ判断ができるのかはわかりませんが、思い切ることにしました。

その大胆さが、志比様のスタイルですか?

私のスタイルは上流を抑えること。そして速い判断です。

私のスタイルは上流を抑えること。そして速い判断です。

自分が気づいていない潜在的なリスクもあるかもしれません。でも、最初に十分なデータを見せていただいたので、全体を俯瞰できていれば大きな問題はないだろうと思えました。後は、担当営業の話だけで決めたも同然ですね。まず、プロパティエージェントさんは信頼できる会社だと、その入り口をしっかり押さえたので、他と比較することもありませんでした。自分のスタイルは、上流をしっかりと抑えること。大枠を間違えずに掴んでおけば、細かいところはスルーしても後で対応が効くと思っています。そいう点では大胆なところはありますね。だから、その分、スピードが速いんです。考えすぎてタイミングを逃すような真似はしたくありません。

志比様にとって、不動産投資とは何でしょう?

売却もできる定期預金みたいなものです。

売却もできる定期預金みたいなものです。

自分にとって不動産投資とは、後で売却もできる定期預金みたいなものです。一定の金額をしっかりと投資に回せていける仕組みができました。基本的には、やりたいことを我慢してコツコツ貯めてストレスも溜めてしまうよりも、バリバリ働いて、自分が成長して稼ぎを増やすことの方が効果的だと思っています。それがお金を稼ぐ近道です。でも、将来を考えた時に、このままで大丈夫かと、ふと思うことも事実でした。これからは、いざという時になんとかなる蓄えを作るシステムを持つことができました。今後は、より良い物件にスイッチすることはあるかもしれませんが、基本的には長く持ち続けるつもりです。インカムゲインにより、安定的貯蓄のように運用していきます。

投資の判断も、キャリア形成も、お早いですね。

楽しい今を積み重ねるという意味では、刹那主義なんです。

楽しい今を積み重ねるという意味では、刹那主義なんです。

もともと物事を後回しにしたくない性分で、これだと決めたことは実行に移さないと気がすみません。その一瞬一瞬を大事にするというスタンスで突っ走ってます。キャリア形成も、楽しい今の積み重ねでここまで来ました。今、北アジアという日本に縛られない地域のプランニングの責任者を任されていますが、ここに至るまでは失敗も多かったんです。でも、今を楽しくという気持ちで挑んでいれば、失敗してもそれを糧にできます。当然、失敗するとへこみますよ。ただし、へこんでいても何も始まらないので直ぐに次のステップに進みます。これからも前を向いて資産拡大を目指すので、よりセンスの良い物件を開拓してください。期待しています。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

志比様への「エージェントの意義」

志比様のスピードに遅れないようについていきます。

志比様のスピードに遅れないようについていきます。

お会いしてから契約までは、圧倒的なスピードでした。通常はお客様の今後の目標や人生計画をお伺いすることから始まり、そこに私たちがどんなフォローができるかを考え、投資物件のご案内が始まります。ところが、志比様はお話の展開が早く、あっという間の即決。契約が決まってから、今後の目標をお伺いするという逆パターンでした。決断が早く迷いのない行動をする志比様のサポートを通じて、私たちも鍛えられています。一方で、志比様はお仕事とプライベートでは全く別の顔をお持ちの方です。より仕事に集中していただくためにも、ますますプライベート部分を充実させてください。