【不動産投資初心者必見】家賃が下がる2つの理由

「家賃って下がるんじゃないの?」
今までに不動産投資を検討した方であれば一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

「いくら入居率が良くても賃料がガクンと下がってしまったら。」
「いったい当初の家賃からいくらまで下がるんだろう。」

今回はこんなことが気になってなかなか踏み出せない方に、家賃が下がる物件とはどんな物件なのか、それに加え家賃設定の仕組みも踏まえて説明していきます。

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

家賃が下がりやすい物件とは

それでは考えてみましょう。どんな物件だと家賃下落がしやすいのでしょうか?

①人気がない。

例えば・・・
駅から遠い、お風呂に洗面台がついていたり、畳だったり、就労人口が多いエリアから離れている、乗り換えが多いなどなど。
逆にいうと、駅チカ、お風呂と洗面台が別、フローリング、就労人口が多いエリアに近い、一本で行けるような物件は人気が長期的に保ちやすいということです。

つまり、立地と設備によって物件の将来が決まるといっても過言ではありません!

②賃料設定が高い。

いわゆる周辺の賃料相場を無視した家賃設定をしているものですね。
新築時はこういう新築プレミアムの家賃設定をしても入居がつくのですが、一概に何年後とは言えませんが、いづれ下落するタイミングがあるでしょう。
なぜなら相場に合っていないからですね。

つまり、賃料設定をしっかり行う事で家賃下落を極力避けることができるわけですね!

ちょうど先日あるお客様から、弊社物件の家賃下落率についてご質問がありました。
新築時に購入した物件が、9年間で当初の家賃から8000円も下落してしまったそうです。
なぜ家賃が下がっているのか?

新築プレミアムをのっけた家賃設定だったからなのです。
そうなってしまうと、”新築”ではなくなったら家賃が下がってしまうのは当たり前ですよね。
ですので、購入の際にはそういったところにも気をつけなければなりません。
弊社ではそういったことが起きないように、周辺の賃料相場をしっかりとリサーチした上でそれに合わせた家賃設定をしています。

まとめ

安定した家賃収入を得るためには、物件選びの際に、立地や設備面はもちろんですが、適正な家賃かどうかの見極めもしっかりすることが大切なのです。

実際に行動を起こしたオーナー様のケーススタディを下記の記事にてご紹介していますのでぜひご覧ください。
関連記事:管理と物件が重要!不動産投資で家賃収入を得る方法を実例で紹介

「不動産投資TIMES」の記事一覧を見る
不動産オーナー体験談・調査レポートを読む

LINE登録

ABOUTこの記事をかいた人

不動産投資TIMES(プロパティエージェント)編集部

「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No.1、入居率99.5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。