お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資に、ご興味はありましたか?

勉強のために話を聞くだけのつもりでした。

勉強のために話を聞くだけのつもりでした。

不動産と聞くと、どうしても投資というよりも投機的なイメージが付きまといます。「素人が手を出しても儲かるものではない」という声も聞こえましたし、不動産投資は資金に大きな余裕がある人がやるものだと思っていました。話を聞くまでは、ワンルームの家賃収入を運用するというイメージは思い浮かびませんでした。だから最初は、後学のために話を聞いてみるだけ。申し訳ありませんが、自分で不動産投資をするつもりはなかったんです。私は、仕事柄いろいろな方の話を伺いますが、どの方も知識人ばかり。不動産関連の方と会うにしても、実際に不動産投資をやっているという方ではありません。できれば一度、現場の話を聞いて、実態を知っておきたかった。そこで、話だけ伺うことにしたのです。

資産投資のご経験はありましたか?

何か確実なものを、と考えてはいました。

何か確実なものを、と考えてはいました。

投資に関しては、20年位前に証券会社に就職した友人から、株式投資を持ち掛けられました。まだ独身でもありましたので安易ではありましたが、友人と共同で出資して、それなりの金額を投入しました。幸い、若干は儲けさせていただきましたが、正直「これは、ギャンブルだ」と痛感しました。私はギャンブル(賭け事)はやらないですし、「うまい話しには裏が必ずある」と思っています。雑誌等で簡単に儲かっているような話しは、たいがいは詐欺まがいか、楽してるようで、すごい努力をしているのだと思います。でも、将来のことを考えると、何かしなくてはいけない。銀行に預けても大した利息はつかないし、年金も正直、先行きが不透明で不安があります。だからこそ何か形で残るものが欲しい。そう考えると確実なのは金(GOLD)か不動産かなと考えました。

営業担当の説明には、納得いただけましたか?

リスクのことから話をするので驚きました。

リスクのことから話をするので驚きました。

営業担当のお二人に会った時は、営業職なのだから、当然いいことばかりを言ってくるのだろうと思っていました。ところが、二人はリスクの話から入ってくるんです。私だって、何か話をしなくてはいけないとなると、逃げ道を用意してから話をしてしまいます。立場的に、そうならざるを得ません。でも、お二人は、客が突っ込まないと触れないだろうと思うようなことを、まず自分たちから話してきました。不動産投資のリスクをご納得の上で聞いてくださいと、話が始まったんです。驚きましたね。本当に売る気はあるのかな、と思ったくらい。その誠実さに、不動産営業への思い込みが崩れました。お二人から、一度に大きく儲けるような投資ではないと説明されて、私もはじめてみようという気になれたのです。

いい出会いができたようで嬉しいです。

不動産営業のイメージが一新されました。

不動産営業のイメージが一新されました。

お二人は、信用できるコンビです。きちんと勉強して、努力をしている人たちだと思います。ロジカルに説明してもらえるので、話をしていると不安は消えます。しっかり者の上司と、うっかり者の若手。二人の熱意ときめ細かさで、不動産投資に対する怪しいイメージは払拭できました。リスクについてもよく説明してもらったので、納得できるスタートです。ローンの支払いも月数万円ですから、財形貯蓄・定期預金だと考えれば、こちらの方が安心感があります。とにかく今は、先行き不透明な時代。備えておくに越したことはありません。年金代わりになる資産ができたことを心強く感じています。万が一の事態になったとしても、少なくとも妻には何かを残してやりたい。そのためにできることを、今やっています。

プロパティエージェントの印象はいかがですか?

二人を見ていて、いい会社だと伝わりました。

二人を見ていて、いい会社だと伝わりました。

会社については情報を仕入れて調べさせてもらいましたが、いちばん価値ある情報になったのは、二人を通して見えてくる会社のことです。会社のことを話す時は、本当に楽しそうに話をしてくれるんですよ。上司の方は他の会社も見てきてプロパティエージェントに入社された方なので、客観的な視点も持っているはずです。その人が、自分の会社のことを生き生きと語っているのだから、確かだと思えました。そして、こんな人材がいる会社だという点でも評価できます。上場企業なので、これからは株主の意見を反映しなければいけない時もあるでしょう。でも、どうか「らしさ」を大切にしていただきたい。このまま変わって欲しくない良さがたくさんあると思っています。

森様にとって、不動産投資とはなんでしょう?

想定外の事態にも対応できる「自己防衛」です。

想定外の事態にも対応できる「自己防衛」です。

私にとって、不動産投資とは「自己防衛」です。ローリターンだけど、ローリスクで確実に残せる資産ができました。何かあった時のお金を確保するために、物件保有という対応策で取り組めます。私も、将来をどう過ごすかを、ずっと考えていました。年金のシミュレーションをしたり、退職金の計算をしたり。80歳まで健康に生きたとしても、今のままでは心もとない気がします。議員秘書は特殊な仕事で、議員が落選すれば自分も職を失います。正直、一般的には派遣社員的な要素がある職種です。同じ政党でも、それぞれがライバル関係にあり、同じ議員秘書でも、なかなか本音の情報交換はできません。だからこそ営業担当のお二人には、気軽に話すことができ、結果的にはお互いの置かれている環境がより良くなれると思っております。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

森様への「エージェントの意義」<塚田>

お力になれるように勉強させていただきます。

お力になれるように勉強させていただきます。

電話の初アプローチの時から、お忙しい様子が伝わってきました。森様は、一般サラリーマンとは、仕事の流れも時間の使い方も違う世界で頑張っていらっしゃいます。特別な業界で働く森様をサポートできるように、これからも勉強して成長していきます。長いお付き合いをお願いいたします。

森様への「エージェントの意義」<石井>

不動産投資ならではのサポートをいたします。

不動産投資ならではのサポートをいたします。

選挙の結果によってはどうなるかわからない、そんな不安定な側面を抱えて働いていらっしゃるので、不動産投資はお力になりやすい商品でもあります。もちろん、不安をゼロにすることはできませんが、少しでもフォローできるようにライフプランの提案に努めさせていただきます。不動産投資ならではのリカバリー方法がありますので、やってよかったなと実感していただきたいと思います。

採用情報
土地売却のご相談