賃貸市場における変遷

賃貸市場における変遷

2015年度上半期、2015年度下半期の直近1年間のデータによりますと、『首都圏内マンションの入居率』は92.5%と、前年の91.5%(※)に比べ1ポイント上昇しております。

ご購入頂いたマンションの入居率が下がり空室になることは、家賃収入の減少にもつながる為、当社では『入居率を高い水準で維持する事』が賃貸管理部の最重要課題であると考えております。入居率を高い水準で維持し続ける為に、仲介業者への紹介営業を始め、多くの営業先を日々開拓することで、入居者の募集を行っております。

また、滞納率は、入居者の質を表す一つの指標ととらえる事ができ、滞納率の低さは、お持ちのマンションを安心して貸し出すことのできる目安につながる為、当社では滞納率をいかに少なくすることができるかを募集・入居審査時の課題としております。 家賃保証会社加入を必須とし、保障会社審査や反社ではないことの確認をしてからご入居いただくシステムを採用しており、これにより滞納率の低減を図っております。

上記の取り組みより、2015年度下半期、直近半年間の当社の入居率は99.36%、滞納率は0.07%と、首都圏平均の入居率92.5%、滞納率5.9%(※)に比べ、オーナー様にご安心頂ける数値を維持しております。

(※)日本賃貸住宅管理協会「2015年度上半期、2015年度下半期『日管協短観』」より

サブリース(家賃保証)物件 保証賃料金額下落率(クレイシアシリーズ)

  • 下落率
  • 2008年
    0%
  • 2009年
    0%
  • 2010年
    0%
  • 2011年
    0%
  • 2012年
    0%
  • 2013年
    0%
  • 2014年
    0%
  • 2015年
    0%
  • 2016年
    0%

※サブリース(家賃保証)契約とは? 下記URLよりご参照ください。
http://www.propertyagent.co.jp/business/property

管理戸数・入居率

管理受託数(戸) 入居率(%) 滞納率(%)
2017年3月 2,346 99.87% 0.17%
2017年2月 2,343 99.10% 0.09%
2017年1月 2,344 99.53% 0.09%
2016年12月 2,302 99.30% 0.09%
2016年11月 2,262 99.20% 0.09%
2016年10月 2,272 99.43% 0.31%
2016年9月 2,282 99.47% 0.18%
2016年8月 2,265 99.60% 0.18%
2016年7月 2,260 99.69% 0.13%
2016年6月 2,187 99.68% 0.091%
2016年5月 2,158 99.68% 0.093%
2016年4月 2,130 99.72% 0.047%
入居率

100 -(お客様所有の空室件数/お客様所有の全管理件数×100)
(空室物件数算定方法=原状回復工事完了日の翌日より)

弊社所定条件において運用している物件を対象としております。 また、オーナー様のご都合により未稼働となっている物件は含まれておりません。

滞納率

滞納物件数/全管理件数(滞納物件数算定方法=当月分賃料が当月末段階で未入金のもの)

集金代行契約、家賃保証契約では、入居者が賃料滞納中であっても弊社からオーナー様へ 賃料をお支払いいたしますのでご安心ください。

管理戸数・入居率
  • サービス向上への取り組み

株もFXもやらなかった 「わたし」が 不動産投資を始めた理由

仲介業者様専用サイトご利用いただくには会員登録が必要です。

  • Round Up World Now!
  • Best Venture 100
  • Great Place to Work「働きがいのある会社」ランキングに選出されました
  • 弊社代表のインタビュー

平成生まれ版 働きがい企業ランキング第5位

お問い合わせ0120-581-143