お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

私たちの営業スタンスはちょっと変わっていましたか?

最初は、資産投資の勉強からのスタートでした。

最初は、資産投資の勉強からのスタートでした。

不動産投資に対するイメージは、正直いいものではありませんでした。営業電話は仕事中にも遠慮なくかかってきます。内容は、ほとんどが中古物件の販売について。いきなり「物件どうですか?」とたたみかけてきて、不動産投資とは一体どんなものなのかという基本的な疑問には答えてくれません。「買う、買わない」の話にしかならないのです。プロパティエージェントさんからの電話が気にかかったのは、初めての新築物件というケースだったからです。マンションも自社物件だと言うではありませんか。話を伺ってみると、不動産投資についての話や老後対策のことから始まり、資産投資についての勉強になりました。そんないろんな話を聞いた後に、物件の紹介がありました。

新築物件の意味を納得されたそうですね。

長期運用する投資手段だと理解できました。

長期運用する投資手段だと理解できました。

話は、すぐに買ってもらおうというアプローチではありませんでした。不動産はそれなりのリスクがある買い物だと説明され、長期運用の取り組みを教わりました。考えた上で買って欲しいんだなというスタンスが伝わってきて、納得できるんです。むしろ、なんで自分のことにこんなに熱心になってくれるのかと驚きました。こちらにも将来の年金対策の必要性などは頭にあり、しっかり知識を得たいと思っていたので、話は噛み合いました。その結果、中古物件は、すぐに結果が欲しい人向きの投資手段。新築物件は、将来の生活をフォローするためにインカムゲインを抑えるための投資手段だと理解することができました。リタイア後をイメージするなら、新築物件への長期投資。気持ちが固まりました。

迷った末のご決断だったそうですね?

最後は「お任せしよう」という気持ちになりました。

最後は「お任せしよう」という気持ちになりました。

とは言え、物件購入には大きな金額が必要です。一件目の購入を決断するまでは、かなり時間がかかりました。会社の説明も受けて、サイトにも目を通しました。上場企業で入居率も申し分ないです。でも、ずっと迷いがありました。最終的な決断を引き寄せてくれたのは、営業担当への信頼感ですね。この方がここまでやってくれるのならと、契約というより「お任せしよう」という気持ちになりました。とにかく一生懸命で、名古屋に転勤しても足を伸ばして来てくれます。自分も営業をしているので、レスポンスの早さが顧客の気持ちをつかむことを実感として知っています。解答を早く、正確に。これは、自分でも心がけていること。営業として信頼もしていますし、同じ仕事をする立場として、その姿勢も尊敬しています。

営業担当との相性はいかがですか?

気持ちの距離感が近いので、頼りにしています。

気持ちの距離感が近いので、頼りにしています。

お互いにお酒が好きで、よく飲みに行っています。ご実家が焼き鳥屋さんを経営されているそうで「僕は焼き鳥にはちょっとうるさいですよ」と、名古屋の店を回っています。だいたい、行くと二軒では終わらないですね(笑)。彼は一歳年下ですが、ニュースや政治にも詳しくて、広い視点から不動産を語ってもらえます。客と営業担当という、かしこまった関係ではなくて、遠慮なく言い合える同世代として飲めるのが楽しいです。僕も営業としては、ドクターと営業担当という一線を、ちょっと超えるくらいが理想の関係です。東京と名古屋で離れていますが、不動産の購入に関しては距離がネックになったことはありません。何かあると、すぐに電話しています。心理的な距離が近いことが、いちばんの安心感です。

何が資産運用を考えるきっかけになりましたか?

リタイア後のライフプランをシミュレーションした時です。

リタイア後のライフプランをシミュレーションした時です。

勤めている会社内でも、リタイア後の生活についての勉強会が始まりました。こういう時代になり、会社も社員のフォローについて考えを巡らせているのではないでしょうか。今、物件は二つ所有しています。年金と家賃収入を計算して、これだけ確保できればと、リタイア後をシミュレーションして購入件数を考えました。先々のことは、会社任せでぼんやりとはしていられません。率直に言って、定年後はちょっと余裕のある生活もしてみたいので、今、打てる手は打っておきたいんです。リタイア後の生活にあこがれもあったので、65歳過ぎてから若い人に雑に使われる自分は見たくありません。これからのライフプランに、まだ具体的なイメージはありませんが、キャリアに応じた車のランクアップができたらいいですね。

今後、私たちに求めることはどんなことですか?

基本を振り返る勉強会を開催してください。

基本を振り返る勉強会を開催してください。

購入する前は不動産投資のことや税金のことなど、ある程度のレクチャーを受けて不動産投資を始めるわけですが、時間が経つと忘れてしまうこともあります。仕事をしている業界も違うので、つい、あやふやになってしまうんです。希望者だけでもいいので、改めて勉強できる機会があるといいですね。基礎から教えてもらえるセミナーを、名古屋でも開催していただけるとありがたい。今も、2年間でかなり抜けています。運用を始めても日常生活に大きな変化はないので「不動産投資って、なんのために必要だったっけ?」と、それくらい基本的な意味を忘れてしまいます。これからは不動産投資の意義を友人にも広げる立場になりたいので、メリットを自分の言葉で喋れるようになりたいです。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

早瀬様への「エージェントの意義」

「おいしい話」なのかそれとも「堅実な話」なのか、そのアドバイスは私にお任せください。

「おいしい話」なのかそれとも「堅実な話」なのか、そのアドバイスは私にお任せください。

ふだん二人で飲みに行っても、こんな話をしたことはありません。今日は「人で決めた」と話を伺って嬉しいです。早瀬様は、情で動く方だと思います。最初からそこは感じていました。実は、二件目の時に、一度お断りされているんです。その時を振り返ると、自分の熱量が足りなかったと思うんです。それで、改めてお話しさせていただいて、そこまで言うのであれば、と任せていただくことになりました。でも、世の中には美味しそうに見える話はどこにでも転がっています。万が一、おかしな会社に気持ちを動かされてしまったらと、そこが心配です。不動産のことに限らず十分にお気をつけていただき、資産運用に関しては、どうぞ私にお任せください。

採用情報
土地売却のご相談