お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

営業担当とは、従兄弟同士だそうですね?

はい。お付き合いで話を聞くだけのつもりでした。

はい。お付き合いで話を聞くだけのつもりでした。

きっかけとなったのは従兄弟の存在です。最初は、彼の営業のお付き合いのつもりでした。不動産投資への興味や関心が高かったわけではありません。株式投資は元々やっていましたが、不動産はリスクが高い割に利益率は低いもの。お金ができてからの選択肢だと思っていました。物件を購入するつもりはありませんが、従兄弟の勉強になるのであれば話くらいは聞いてあげよう。協力してあげようという気持ちでした。彼がどんな会社に就職したのか、ちゃんと社会人として勤めているのかも確認できますしね。それに、知識を仕入れるのは楽しいことです。不動産に関してはちゃんと話を聞いたことがなかったので、知らない話を聞くことは、私にとっても勉強になると思いました。

話を聞いて、気持ちは変わりましたか?

思い込んでいたリスクが消えていきました。

思い込んでいたリスクが消えていきました。

話を聞いていくうちに、思い込んでいたリスクが一つずつ消えていきました。短期的な価格変動を当てにするのではなく、長期的な視野で行う投資手段。それが不動産投資です。大きなリスクではないことがわかりました。私には、資産として所有していくものという考え方が新鮮でした。ローンの返済後には、物件は資産として手元に残るのです。資産は所有して続いていくもの。お金ができてから取り組むものではなく、むしろ若いうちに始めるほどメリットがあると思えました。まず投資不動産を所有してみよう。将来の独立を視野に入れて、今できることをできるうちにしておこうという気持ちになれました。若く始めるほど長期的に見たら享受できるメリットが大きいと感じました。また、話を聞いて知っているだけではなく、実際に自分のお金を使って経験してみなければ、本当にわかったとは言えないと感じたのです。

真剣に考えるようになったきっかけとは?

社員の方々の、不動産“愛”ですね。

社員の方々の、不動産“愛”ですね。

従兄弟に同行していた上司の方の知識とプレゼンが素晴らしかった。心から迷うことなく、良いものを勧めてくれていることがわかりました。押し売りではなくて、言うなれば不動産“愛”が感じられたのです。会社のことが好きで、商品が好き。その真っ直ぐな気持ちで接してもらえるのは客にとっても嬉しいことです。従兄弟はこんな方に教育してもらっているんだ「ありがたい」と思いました。後で伺うと、ご自分でも自社物件を購入しているそうです。簡単に買える品物ではないのに、自社の商品を良いものだと思って購入できる。これって、素敵なことじゃありませんか。社員の皆さんは、誰もが自信を持って商品を勧めています。プライドを持って働いている方が多いんです。

工藤様にとって、不動産投資とはなんでしょう?

「誰かを支えながら育てていける」資産です。

「誰かを支えながら育てていける」資産です。

オーナーとして丸二年。賃料の入金を確認するという毎月のちょっとした楽しみが増えました。自分が所有している部屋に、誰かが住んでいてくれる。そのことが面白くて、嬉しい体験です。入居している方に生活拠点を提供していること、陰ながら少しでも誰かを支えていることへの充実感を感じています。私にとって不動産投資とは「長く、誰かの生活を支えながら育てていける資産」です。今日は、対談に際してバックヤードの方たちにもお会いすることができました。様々な人が関わってくださり、価値ある資産を一緒に育ててくださっています。ひとつの物件を通して、人が成長し、人が暮らし、人の気持ちが通っていることがわかりました。不動産はモノだけで終わりません。物件の向こうに、人とのつながりが見えます。

弊社の印象はいかがですか?

社員の皆さんが、愛社精神にあふれていますね。

業務も組織も、体制がしっかりしている会社です。物件開発から販売や管理まで、会社として確固たるコンセプトを持って取り組んでいらっしゃいます。愛社精神を持って働く社員が多いのは、今どき珍しいことではないでしょうか。会社も商品も好きな人たちが働いていることは、顧客にとっての安心材料です。長くお付き合いする商品なので、会社選びもキーポイントになります。最終的にプロパティエージェントに決めた理由は、社員の方たちに愛社精神と強い不動産愛を感じたからです。知識が高くて相談しやすい人がいることが何より。これからも定期的な情報提供をお願いします。直接自分に関わるようなことでなくても、業界の周辺情報であれば勉強になります。

営業担当としては、申し分ありませんか?

今日は、頼もしさも感じることができました。

今日は、頼もしさも感じることができました。

僕たちのキャラクターは正反対です。彼は、いつも人生が楽しそうにしています(笑)。学生の頃から、相手を引きつけるような接し方で、相手の懐に上手に入り込んでしまうんです。ミスをしても笑ってごまかせるタイプですね。従兄弟には「圧倒的な知識をつけなさい」とアドバイスしています。これからは、明るさだけではなく信頼感を得られるように頑張ってほしいと思います。顧客対談も、過去何回か登場しているのを読ませてもらいました。他のお客様の対談では息子的な立ち位置で話をしているようで「甘ったれるな!」と思って読んでいました。懐に入るうまさだけだと感じてしまったのです。でも、今日は、信頼を勝ち取りたいという意欲が見えました。今後の活躍に期待しています。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

<工藤様への「エージェントの意義」> 

明るさだけの存在では終わりません。

明るさだけの存在では終わりません。

子供の頃から「マー君」と慕っていた従兄弟のお兄ちゃんです。多彩な知識を身につけていて、頼りになる存在でした。お客様としての工藤様は、多様なビジネスを展開されて多忙にされています。今はまだ、認めてもらっているのは明るさだけかもしれませんが、不動産投資に関しては私に任せていただけるように精進します。不動産に関してはプロとしての知識を身につけていなければ、「マー君」はきっと物足りないと思うはずです。豊富な知識と人間力を身につけて早くお客様から信頼されるようになり、これからも未来の多くのオーナー様をサポートできるように成長します。

採用情報
土地売却のご相談