お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資へのご興味は、最近だったそうですね?

資産形成をすべきタイミングを迎えました。

資産形成をすべきタイミングを迎えました。

不動産投資に関しては、数か月前に興味を持ち出した“にわか”です。きっかけは、私の年収が上がったことと、将来に備えて打つべき手を考えるような年齢になったこと。世の中の動きを見ても、配偶者控除の条件が変更になるなど、自分で節税対策に取り組んでおかなくてはと言う時勢になっています。資産形成や節税を考えて、何かしておかなくてはと思いました。不動産投資を選んだのは、私の時間的余裕などを考慮した結果です。FXなどをやっている方もいますが、果たして日中にタイムリーに動けるかというと、それは難しいものがあります。どこの値がどれだけ動いたと、会議中に気にするような真似はしたくありません。私にできる手段でできる工夫がいちばんです。

私共からの情報提供は十分でしたか?

初心者向けのコンテンツで誤解が解けました。

初心者向けのコンテンツで誤解が解けました。

不動産投資についていろいろと情報収集をしてみましたが、初心者向けの情報提供が充実していたのはプロパティエージェントだけでした。コンテンツに目を通してみると、自分が抱えていた不動産投資に対する誤解が解けていきました。それまで、不動産投資は資産が潤沢にある人がアグレッシブに取り組んでいくものだと思っていました。自分に手を出せる世界ではないし、ベースが違うものと決め込んでいたのです。実際には、それなりのリスクを理解した上で、将来の不安を解消していくためのものだとわかりました。ローリスク、ミドルリターンでロングタイムの投資手段。それは、これまでの自分にはなかった考え方でした。不動産投資の捉え方が変わって、自分の選択肢としても有効だと気づきました。

営業担当の二人に不安はありませんでしたか?

的確さと気配りの、名コンビです。

営業担当の方は、こちらの不安に先回りして答えてくれます。真面目で丁寧な対応です。後から新卒入社で二年目になったばかりと伺って驚きました。てっきりキャリア採用の方かと思ったくらいしっかりした対応だったのです。女性ならではの気配りも感じました。部屋の借り手の半分は女性だということなので、女性からの視点はありがたいです。そして、上司の方は、ポイントを押さえた的確なアドバイスが心地いい。私も商売柄、回りくどい説明で時間を使われるよりも簡潔な対応の方が助かります。お二人はいいコンビですね。アグレッシブな説明の後で、「聞けなかったところはないですか?」とフォローが入る。二人の説明テンポもロジックも違うので、バランスよく補い合えていると思います。

不動産投資を始めて、変化はありましたか?

新しい引き出しを持った自分に期待しています。

新しい引き出しを持った自分に期待しています。

不動産投資とは、一つは、自分自身の将来リスクへの対策。もう一つは、世の中に対してアンテナを張るための接点となるもの、でしょうか。自分が資産を保有していると、そのことで世の中の動きをしっかり捉えるべき必然性が高まります。業務上のアンテナは張っているつもりですが、それとは別の角度から世の中を見ることができるようになりました。視線が変わること。その結果キャッチできる新しい情報が楽しみです。コミュニケーションの場面でも、自分の会話の接点として不動産投資という知識が一つ増えていくでしょう。新しい情報で自分を高めていきたいです。将来リスクのことや資産形成について考えているような方たちと、気後れせずキャッチボールできる自分に期待しています。

会社として期待されていることは何でしょうか?

多彩なサービスの取り組みに期待しています。

多彩なサービスの取り組みに期待しています。

最終的にプロパティエージェントに決めた理由は、企業として総合的なサービスに取り組んでいることです。土地や開発にもコンセプトを持って取り組んでいて、販売だけではなく管理業まで抑えている。そのビジネスモデルに安心感を持つことができました。不動産業もいろいろと多彩ですが、この5年先10年先をどう乗り越えていくのか、そのビジョンは各社によって異なります。そして、乗り越えていけるだけの実行力を持っているかどうか、企業としての器が問われていくでしょう。その点では、上場企業であることや、何年も増収増益を続けていることは大きな選択ポイントになりました。今後も多角的なサービス提案をいただけるという期待を込めて、お付き合いさせていただきます。

不動産投資へのリスクは、かなり軽減されましたね。

考え方が大きく変わりました。

慎重になったことは、物件選びです。借り手が長期間つかないような事態だけは避けたいですから。物件選びは、自分が住みたくなるような部屋かどうかを選択基準にしました。このロケーションで駅の近くでこの価格。私が選んだ二つの物件は、ここなら自分も住みたいなと率直に思えた部屋でした。借り手のつくイメージが持てる物件だと判断できました。プロパティエージェントに出会ってから、私の考え方は大きく変わりました。もし、周囲の人に不動産経営について意見を求められたら、そのことは真っ先にお話ししようと思います。目的やライフステージは人それぞれでしょう。でも、まずは話を聞いてみることから。気楽に耳を傾けることから始めてはいかがでしょう。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

相沢様への「エージェントの意義」<矢島>

不動産では、相沢様に負けない知識を身につけます。

不動産では、相沢様に負けない知識を身につけます。

相沢様はいろいろな分野で、高い目標に向かい努力されている方です。TOEICも毎日勉強して、ご自分で設定した目標スコアをクリアされました。勉強面だけではなく、ダイエットでも糖質制限をして10㎏の減量を達成されています。知識も多方面で豊富にお持ちですが、不動産に関しては私におまかせください。これから、プロとしてお手伝いできるように成長していきます。今は上司のフォローを仰いでいますが、いずれ私一人でご提案できるように一本立ちを目指します。

相沢様への「エージェントの意義」<伊東>

相沢様の、奥様への気持ちにお応えします。

相沢様の、奥様への気持ちにお応えします。

お話をしていて、レスポンスが早く、決断力がある方だと感じました。相沢様の人生で、不動産がどういう位置付けになってくるのかを、いろいろと想定して相談させていただきました。そして、大きな軸として浮かび上がってきたのが奥様の存在です。この不動産投資にも、ご自分が退職された後にも奥様に余裕を持ってカフェ経営を続けてもらいたいという相沢様の優しいお気持ちがありました。お二人の将来設計に、不動産投資が貢献できるようにプランニングさせていただきます。

採用情報
土地売却のご相談