お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

過去に投資の経験があるそうですね。

株を少しやっていましたが…。

株を少しやっていましたが…。

10年ほど株をやっていた時期がありました。ただ、なかなかうまくいかずに、塩漬けになったこともあって…。あんまり良い思い出がないものですから、きっぱり止めていたんです。その後も、老後のためになにかやらなきゃという気持ちはあったんですけど、まさか不動産投資をすることになるとは、思ってもみませんでした。お金持ちの人がやる投資だと思っていたので、自分には縁がないと思い込んでいて。食わず嫌いは止めようと思って話だけは聞きましたけど、やっぱり最初は抵抗があるというか、ちょっと怪しい感じだなと思っていたくらいでした。

購入を検討し始めたきっかけを教えてください。

年齢と使える金額を踏まえて、ベストな選択だと感じました。

年齢と使える金額を踏まえて、ベストな選択だと感じました。

最初にお話を聞いたとき、知りたいことを的確に教えていただいたので、意外とすんなり腑に落ちたのを覚えています。特に、住宅ローンじゃない方法で銀行から借り入れができるということは、まったく考えたこともなかったので、目からウロコでしたね。株と比べたらリターンは小さいけど、自分の年齢と使える金額を考えたらベストな選択だと感じました。将来、自分に万が一のことがあったときに、家族に残すものができるという点が、購入を検討し始めた大きな理由です。大きな借り入れをすることに不安はありましたけど、小遣いの範囲でやろうと思えるくらいの金額だったので、だんだん気持ちが傾いていきました。

ご家族からの反対もあったとお聞きしました。

リスクばかりが頭に浮かんでしまったようです。

リスクばかりが頭に浮かんでしまったようです。

空室があったらどうする、地震があったらどうするのか…。そういったリスクばかりが頭に浮かんで、妻は不安に感じていたみたいで、これはまずいなと思って。あくまで家族のためなんだという説明をしつつ、ご担当者の方も一緒に説得してくれて、ようやく納得してもらえました。ただ、私自身も最終的に契約を決めるまでに3回ほどお断りしていたので、妻の気持ちはよくわかる、という感じでしたね。

購入の決め手となったのはどんなポイントでしたか?

担当者の熱意に負けました。

担当者の熱意に負けました。

お断りをしても、諦めずに「羽賀さんには、絶対にこの投資が合っていると思います」と何度もご連絡をいただいたんですよ。私だけのためにわざわざオリジナルのイラストを作って、「羽賀さんの目指すことはこうで、不動産を持つことでここがこうなって…」と、丁寧に説明してくれたのをよく覚えています。ちょっとしつこいと思ったこともあったけど(笑)、一生懸命な部分を見て、少しずつ、やってみようかなという気持ちが大きくなっていきましたね。物件についても、トイレとお風呂が別だったり、ゴミ出しの環境も申し分ない。一人暮らしをした時期が長かった経験を踏まえて、かゆいところに手が届く設計だと感じました。

オーナーになったことで気持ちの変化はありますか?

精神衛生上で、かなりのプラスを感じます。

精神衛生上で、かなりのプラスを感じます。

外資系に勤めているので、定年まで働ける保証はありません。将来の安心を求めて投資を決めたので、その心のすき間が埋まった感じはありますね。収入源がひとつ増えて、なにかあっても資産として売却できるので、安心感がある。物件を持ったことで、仕事、プライベートを含め、新しい挑戦をしやすくなったように感じます。

今後、担当と会社に求めることはありますか?

ずっと担当でいてほしいと思います。

素人なので、わからないことだらけなんですよ。現在も、借り換えや売るべきタイミング、相続、貯蓄など、いろんな面でアドバイスをしていただいて、非常に助かっています。今後もずっと担当でいていただけたらありがたいですね。会社に求めることは特にないですけど…。強いていうなら、林さんのような、丁寧に接していただける社員を増やしてほしいですね。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

羽賀様への「エージェントの意義」<林>

前任者を超えて、人生のパートナーになりたいです。

前任者を超えて、人生のパートナーになりたいです。

引き継ぎで担当をさせていただいているので、まずは前任者を超えて信頼されるように努力を続けたいです。将来的には不動産の運用だけにとどまらず、お仕事やプライベートを含め「なにか困ったときは林に聞こう」と思っていただけるような存在になりたいです。奥様も含めて、長期的な人生のパートナーとして歩んでいけるように頑張ります。

採用情報
土地売却のご相談