お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

もともと不動産投資には興味をお持ちだったのですか?

ずっと興味はあったものの、一歩踏み出せない状態でした。

ずっと興味はあったものの、一歩踏み出せない状態でした。

もともと老後のライフプランを設計する上で、不動産投資に興味はあって。会社の先輩が不動産投資で成功していて、体験談を聞かされていたのです。そこで私も、自分で書籍を読み漁ったりネットで情報を調べたりして、多少の知識は持っていました。それでもやはり「手を出していいのだろうか?」という不安はありました。読んでいた投資関連の本の中には、営業担当の方のセールストークに乗せられて自己判断できないまま物件を購入し、大損してしまう失敗例なども書かれていました。挑戦したいけれど一歩を踏み出すのは怖い、そんな状態が長年にわたって続いていました。

そこからなぜ、一歩を踏み出してみようと思えたのでしょうか?

プロパティエージェントの書籍との出会いがきっかけです。

プロパティエージェントの書籍との出会いがきっかけです。

実は、プロパティエージェントさんの出版する不動産投資の書籍をいただいてしばらくは開くこともなく、営業担当の方からの電話も無視していたのですが…。ふと読んでみたら非常に堅実な内容だったんです。エリアの特性を調査してロケーションを選んでいることなど、自社の物件づくりやマーケティングのポイントが具体的に書かれていたのです。また、私のように不動産投資に踏み出せない人のさまざまなケーススタディも挙げられていて、それを解消した事例にも説得力を感じました。他社の本も何冊か読みましたが、プロパティエージェントさんなら話を聞いても良さそうだと。それで次に営業担当の方からお電話をいただいたとき、一歩踏み出してみようと思ったのです。

実際に営業担当と話してみて、対応はいかがでしたか?

細かい質問にも丁寧にお答えいただきました。

細かい質問にも丁寧にお答えいただきました。

営業担当のお二方とお話しするうち、失敗への不安をひとつずつ払拭できました。細かい質問を何度もしてしまったと思いますが、全てに丁寧にお答えいただきました。質問をしたらした分だけ、腹落ちしていく感じでしたね。私の住まいは静岡県なので、しばらくは顔の見えない電話でのやり取りでしたが、だからこそレスポンスの早さや資料の準備など、きめ細かくフォローしてくださっていると感じました。ご紹介いただいた物件にも満足していますが、最終的に購入を決断できたのは“会社”と“人”が8割。会社の取り組みが営業担当の方の行動へと反映され、物件の質に繋がっていると思います。

マンション購入にあたっては、奥様との交渉もスムーズだったそうですね。

営業担当の方から深い知識を教わっていたから、妻にも自分の言葉で説明できました。

営業担当の方から深い知識を教わっていたから、妻にも自分の言葉で説明できました。

不動産投資を行う目的やメリット・デメリット、今後の運用の見通しなどを、私が自分の言葉で説明できたのが大きかったです。やるからには妻にも納得してもらいたかったので、ゆくゆくは年金対策や生命保険のコストカットになるといったキャッシュフローについても話しました。複雑な内容をアウトプットに落とし込めたのは、営業担当のお二方から深い知識を教わっていたから。あと、実は毎週の電話での打ち合わせを、スマホのスピーカーで行なっていたんですよ。妻もそばで内容をなんとなく聞いていたから、お二方の真摯な姿勢も覚えていて。だから、意を決して不動産投資をやりますと報告したときも「どうぞ」と言って貰えたんです。私と電話をしながら、妻の不安も拭っていただいていたようです(笑)。

齊藤様にとって不動産投資とは?

人生の選択肢を広げる手段です。

人生の選択肢を広げる手段です。

会社の先輩とよく話すのは、不動産投資とは自分の人生の選択肢を広げる手段ということ。会社員としてのサラリー以外の収入源を持つことで、上手くいけば人生の自由度、安心感がグッと増します。まだ実感はありませんが、十年、二十年と歳を重ねるごとに充実感を得られるのかなと思っています。これからどう変わっていくのか楽しみですよ。とはいえ、実際に入居者がつくまでは不安もありました。ただ、営業担当のお二方は「すぐに決まりますよ」とおっしゃっていて、実際その通りになりました。今日、物件を初めて見ましたが、自分も住みたいと思える場所で安心しています。長い目で見れば、入居者の入れ替わりをスムーズに行えるかも肝になると思いますが、その点をフォローしていただけるのも心強い。末長く頼りにしています。

今後、弊社に求めることを教えてください。

保険の見直しなど、お金周りのことを幅広く相談したいです。

保険の見直しなど、お金周りのことを幅広く相談したいです。

まずは変わらずにいてほしい、ということが一番ですね。会社として存続するのはもちろんですが(笑)、今後も顧客満足度の高さを維持してもらえたらと。そして、安心してマンション経営を継続できるように、サポートをお願いしたいです。また、お金周りのことを幅広く相談できるパートナーとして、保険の見直しなどのアドバイスもお願いしたいです。落ち着いたらアパート経営も検討したいと思っているのですが、やはりマンションとは異なるリスクも存在すると思います。国の施策や法改正との兼ね合いも含めて、最適なエリアや物件、タイミングなどをお伺いさせていただけましたら幸いです。また細かい質問を重ねてしまうかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

齊藤様への「エージェントの意義」<本田>

リタイア後も趣味の旅行を楽しめるようなライフプランをお手伝いします。

リタイア後も趣味の旅行を楽しめるようなライフプランをお手伝いします。

今回、豊かな老後も見据えてオーナーになった齊藤様。なかでも趣味の旅行は、齊藤様の人生にとって欠かせないものだと打ち合わせを通じて感じました。そのため私の思い描いているのは、リタイア後も経済的に困ることなく、好きなところへ旅に出られるようなライフプラン。齊藤様の求めている堅実な運用を実現しながら、海外旅行にも気兼ねなく繰り出せる未来をバックアップしたいと思います。

齊藤様への「エージェントの意義」<小鈴木>

「FP代わり」として、お金のご相談は何でもなさってください。

「FP代わり」として、お金のご相談は何でもなさってください。

先ほど保険の見直しというお話をいただきましたが、私の役目はまさにお金周りの全般的なアドバイザー。言うなれば「FP(ファイナンシャルプランナー)代わり」として活用していただけたらと思います。たとえば、ローンを借り換えたいとき、借り換えたらどんなお金の動きが生まれるのか。マンションを売りに出したいなら、どんな手続きが必要なのか。齊藤様にとっての「お金のことはアイツに聞け!」というポジションに置いていただき、疑問や不安を解消するお力になりたいと考えています。

採用情報
土地売却のご相談