お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資は、身近な話題でしたか?

今、検討するようなことではないと思っていました。

今、検討するようなことではないと思っていました。

プロパティエージェントさんに出会う前に抱いていた不動産投資のイメージ、それは仕事にも資金にも余裕のある40代以上の方が取り組む投資手段。自分のような若輩が、今、検討するようなものではないと思っていたのです。ところが、営業担当のお二人に話を伺って、同世代の人でも積極的に取り組んでいることを知りました。オーナーさんの方々のコメントも拝見し、壁を感じる必要はないのかなと思い直すようになりました。私は、ネット証券会社に勤めているので、投資信託はともかく、株式投資に制約があります。保険にも入ったことがなかったので、保険代わりにできることを何か考えておいたほうがいいのかもしれないと、そんな気持ちが動いてきました。

お気持ちが動いてからは、ポジティブでしたね。

安心してお任せできると思えました。

安心してお任せできると思えました。

そう考えると、自分たち若い世代のほうが将来を自分で賄わないといけない時代です。ビジネスの立場的にも、他の投資手段にアクションを起こすよりも不動産投資のほうがフィットしています。お二人の説明や提案を検証していくと、その内容には納得いくものがありました。気持ちが固まってからは、特に他社とは比較していません。確かに高額な商品ではありますが、そういうところは楽観的なんでしょうか。自分の仕事は数字を追ってロジカルに積み上げていく仕事なんですが、自分ごととなるとあまり深く考えないんです。普段の仕事がシビアなので、それ以外のことでは誰かに任せてしまいたい。だからこそ、安心できるところでないと本気にはなれません。

團原様にとって、不動産投資する目的とは?

アーリーリタイアの実現手段です。

アーリーリタイアの実現手段です。

将来、少しでも楽をするために、できることをしようと思いました。アーリーリタイアは考えています。そのために必要なものは、何と言っても資産と時間。早くのんびりするには、確実な不労所得を押さえていかなくてはいけません。では、今から取り組めるのはどんな手段だろうか。その解答となったのが不動産投資です。形のある不動産への投資なら、やっているうちに何か得することがあるかもしれない。最初は、そんな軽い気持ちでした。それが、不動産に興味がわくにつれて、もう少し、積極的なチャレンジ意欲につながってきていました。今では、不動産商品のチラシを見るだけで、間取り図などが気になります。この間取りなら、何人家族で、どんな暮らし方をするかと想像したり、こんな物件も世に出ているのかと注目したりするようになりました。

若い世代にも不動産投資を勧めますか?

気づいた時に、アクションを起こすべきものです。

気づいた時に、アクションを起こすべきものです。

不動産投資とは、気づいた時にやっておいたほうがいいものだと思います。左右するのは、決断力ですね。知っていても、動かなければリターンは手にすることができません。タイミングを逃し、あとでアクションを起こした人の背中を見て羨ましがってもどうしようもないことなんです。私は大阪出身で社会人なってから上京しました。だから、周囲への土地勘がありません。地名を聞いても、そこがどんな街なのかイメージがわかないんです。どんな雰囲気のところで、どんな人たちが暮らしているのか。都心の賃貸マーケティングの将来はどうなるのか。どれも、営業のお二人の言うことを信頼するしかありません。私は、二人と話しみて「よし、この流れに乗っかろう!」と思うことができました。やるか、やらないか。その差は小さいけれど大きいんです。

営業担当とは同世代、相性はいかがですか?

若いけれど、不動産投資のプロだと思えました。

若いけれど、不動産投資のプロだと思えました。

物件のロケーションも、お二人からの提案を素直に聞き入れたと思います。ロケーション決めよりも重要だったことは、二人が信頼できる人なのかどうかの見極めでしたね(笑)。お二人との相性はいいと思います。年齢が近いこともありますし、同じ関西出身で共通点も多かったんです。ただ、自分と同じ世代ということには、良い点も悪い点も少しずつあったんですよ。まず、良い点は、遠慮なく話せること。ざっくばらんに話をしても、しっかりと聞いてくれるので話しやすい相手です。悪い点は、やはり最初はちょっと胡散臭く見えました(笑)。でも、こちらから聞き出そうとしなくても、きちんとリスクのことまで説明してくれます。若いけれど、不動産に関しては知識のある人たち、プロだと思えたんです。

契約まで、お迷いになることはなかったようですね。

重大なリスクは見当たりませんでした。

重大なリスクは見当たりませんでした。

最初は社名も知りませんでした。でも、サイトなどを調べてみると、情報は豊富でしたし、上場もしている。業績もしっかりしていて、これからますます伸びていきそうだとわかりました。会社としての信頼感は確かなものがあって、正直、クリティカルに否定するようなリスクが見当たらないんですよ。不動産投資というスタイルは、昔から世の中に根付いているものです。最先端トレンドではありませんが、その分、流行り廃りでは終わらない着実な投資手段です。その利点は、モノとして残ること。いざという時にも、売却できる物件は残ります。途中で辞めたくなったらどうしようかということは考えましたが、全くのゼロになることはないと思えば、それが楽観的になれた理由でしょうか。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

團原様への「エージェントの意義」<吉田>

團原様の判断力にかなうような提案をし続けていきます。

團原様の判断力にかなうような提案をし続けていきます。

実は、初めてお目にかかった時には、名刺もいただけなかったんです。こんな若い担当から話を持ちかけられて、少し警戒されていたんだと思います。でも、ある時、一緒に食事をする機会があって、そこで理解の早い方だとわかりました。一度見極めがつくと、どんどんツッコミを入れて、会話も楽しんでこられます。自分は、受けていじられるタイプなので、ボケとツッコミのいいコンビが組めているのではないでしょうか。ご自分ではノリで決めたとか、流れに乗ったとお話しされていますが、実は、ロジカルな判断力をお持ちの方だと思います。

團原様への「エージェントの意義」<伊東>

不動産投資を、ベストの選択肢にしていきます。

不動産投資を、ベストの選択肢にしていきます。

團原様は、同じ関西出身で年齢も近く、趣味はサッカー。共通項が多いので、今も話がしやすい方です。「アーリーリタイアがしたい」という夢は、私たちへのオーダーとして受け止めました。後から楽に過ごせるライフプランのご提案を喜んでいただけたと思います。アーリーリタイアを実現するために、不動産投資をベストの選択肢とすることが私たちの務めです。不動産を所有していることのメリットは、後になって実感できること。今はお仕事に集中していただき、ゆっくりと退職後をお過ごし出来るように、私たちが力を尽くしたいと思います。

採用情報
土地売却のご相談