お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

私共との出会いで、意識の変化はあったでしょうか。

不安が消えて、不動産投資へのイメージが変わりました。

不安が消えて、不動産投資へのイメージが変わりました。

もともと金融やFX、株式投資には興味を持っていました。不動産投資についても自分で勉強していたのですが、情報収集していると、失敗した人のケーススタディにもぶつかりました。物件やロケーションによっては、入居者が入らないリスクもあると言う事は心得ていたつもりです。投資する金額も、これまでの株やFXよりも大きいので慎重に当たらなければいけないと思っていました。「興味はある。でも、不安もあるので迂闊には手を出せない。」それが不動産投資への気持ちでした。それが、営業担当の方とのやりとりの中で一つずつ不安要素が消えていき、イメージは変わりました。不動産投資はひとりでにお金を稼いでくれる魔法の箱。それが、新しく獲得できた不動産投資へのイメージです。

営業担当は、期待にお応えできたでしょうか?

たくさんの質問事項に、きちんと回答をもらえました。

たくさんの質問事項に、きちんと回答をもらえました。

「お金のエキスポ」というイベントに参加して、そこで、プロパティエージェントさんの常務取締役・野呂田さんのセミナーを伺いました。自分の中で不動産投資への興味が広がってきて、話を聞いてみることにしたのです。営業担当は、質問や要求にはきちんと答えてくれる真面目な方。電話でも、他社と比べて「売り」を感じませんでした。他の会社は押しが強すぎて困ったので、むしろ淡々とした印象に感じたくらいです。彼には、気になったことを箇条書きにしてメールで送りました。かなりたくさんあったので。対応するのは大変だったはずですが、即日か翌日には必ず返事をもらえました。どれも納得いく答えだったので、だんだんと不安が消えていきます。やらない理由が一つずつなくなっていった感じです。

オーナーとなった今の心境はいかがですか?

物件を確認し入居者が決まり、安心感を実感しています。

物件を確認し入居者が決まり、安心感を実感しています。

入居決定の連絡をもらった時は、意外と早いと驚きました。これで何とかなるなと、安心感を実感できた瞬間でした。完成前から引き合いが多いと聞いてはいましたが、やはり手応えはひとしおです。物件もちょうど先ほど見てきたところです。予想以上に設備が良くて、入居者の気持ちになって喜ぶことができました。目の前に高速道路があるので音が気にならないか心配だったのですが、防音対策への気配りも行き届いていました。私は何回も引っ越しをしていて、いろいろな場所、様々なタイプの部屋に住んできましたが、その眼で見てもあれだけのグレード感であの家賃設定に抑えられているのは素晴らしいことです。投資物件として、適正価格・適正家賃の物件だと思います。

これから、私共に求めることは何でしょう?

いい情報も悪い情報も、変化は早く知らせてください。

いい情報も悪い情報も、変化は早く知らせてください。

会社と営業担当に求めることは、信頼感です。よくない情報でも隠さずに知らせてください。そして、腑に落ちるように説明してほしいです。さらに、情報の伝達スピードも重要です。今日も、「入居者はどんな方?決め手になった理由は?物件を見てから決めたの?」と質問を畳み掛けました。数字や情報のディティールは大事にします。これは、職業柄というより自分の性格ですね。神経質な性格なので、情報の動きが気になります。どんな動きでも、変化があった時は早く教えてほしいんです。もう一つは、今の商品クオリティをキープしてもらうことです。今の物件は、自分で見ていい物件だと確認できました。このまま質を落とさずに供給できる会社でいてください。

佐藤様にとって、不動産投資とは?

選択肢を広げ、私のリミッターを外してくれるものです。

選択肢を広げ、私のリミッターを外してくれるものです。

周りはあまりお金を使わない人が多いですが、私は何か手立てを考えないとお金が貯まりません(笑)。投資は、お金に働いてもらう手段。その結果、可能性も広がります。リスクもありますが、トライすることが面白いです。例えば、45歳くらいでアーリーリタイアするとします。その後は、世界旅行に行ってもいいし、会社を興してもいい。選択肢はどんどん広がります。その意味では、不動産投資とは、私のリミッターを外してくれるもの。「お金」の話は、日本では敬遠されがちですが、私は可能性を産んでくれるツールとして決して嫌いではありません。

情報と数字が、これからも佐藤様を刺激しそうですね。

適正な判断ができるように、適正な資産運用をしていきます。

適正な判断ができるように、適正な資産運用をしていきます。

今、自分の一年間のお金の動きをエクセルで管理しています。数字の動きを見ているのが楽しいんです。将来は起業する可能性もあるので、経営管理のセンスを鍛えています。日本では、少ない年収でもコツコツ努力して貯金をためていくことが美徳のようになっていますが、私は違和感を覚えます。満足のいく生活水準をきちんと得ることで仕事でも力を発揮できるのではないでしょうか。それは、経営者も同じで、自分の生活水準が満足できないものであれば、重要な局面で焦ってしまい、経営判断を誤ってしまう気がするのです。。適正な判断で進んでいくためにも、変な我慢をするより、上手に「お金」を稼ぐ方法を身につけるべきです。様々なスタイルで資産運用をしていることが、先々に何かを選択するかもしれない私の人生のリスクヘッジになっています。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

佐藤様への「エージェントの意義」

明確に決断するために、情報にシビアな方です。

明確に決断するために、情報にシビアな方です。

佐藤様は、慎重に取り組みながらも、いざという時の決断力のある方です。新しいことに向かう時には周辺情報をご自分でもリサーチし、納得いかないことには質問して精査します。数式の空いた項目を一つ一つ埋めるように不確かなことを詰めていき、新しい公式を導き出していくような佐藤様のアプローチを、私もシビアに受け止めています。弊社のセミナーに来ていただいて始まったご縁なので、大事にお付き合いを深めていきたいです。アフターフォローを心がけ、今後の資産運用に関する意見を伺い、なお一層のバックアップをさせていただきます。

採用情報
土地売却のご相談