DX推進への取り組み

DX推進への取り組み

DIGITAL TRANSFORMATION

VISION

プロパティエージェントは、
2025年までに売上高1,000億円/時価総額1,000億円を目指して
企業活動に取り組みます。

この目標を戦略的に達成するために、
DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、
事業拡大と経営の効率化を実現。
営業利益の拡大を目指します。

DXの力で目標達成へ

STRATEGY

デジタル技術を駆使したプロパティエージェントの
事業の成長戦略および社内の構造改革

DX PROMOTION STRATEGY

新規事業創出による
売上高+利益増を目指します。
01

新事業として
顔認証IDプラットフォームサービス「FreeiD」を事業化

FreeiD
FreeiDサイト

マンション、オフィス受付、決済サービス、施設入場等、全て「FreeiD」の顔認証だけでサービスを
受けられる1億総顔認証時代を目指して事業を推進しています。
FreeiDでは3年後に会員数100万人を事業KPIとして設定しています。

1度の顔情報登録で様々な顔認証エンジンへの対応【1度の顔情報登録で様々な顔認証エンジンへの対応】
特許第6839313号
3年後の事業KPI FreeiD目標会員数1,000,000人
マンションの取得済特許
特許第 6690074 号 特許第 6799223 号 特許第 6858914 号
マンション利用イメージ

マンション利用イメージ
オフィスの取得済特許
特許第 6804678 号 特許第 6896131 号
オフィス利用イメージオフィス利用イメージ
置き配の取得済特許
特許第 6829789 号
置き配利用イメージ置き配利用イメージ
02

不動産クラウドファンディングサービス「Rimple」をDX技術を活用して運営中。
不動産の有効活用と小口投資による新たな顧客開拓を行っています。

Rimple
Rimpleサイト

通常の不動産投資

基本は一人がマンションを購入し、運用

通常の不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング

複数人がマンションに
共同出資をし、運用

不動産投資型 クラウドファンディング

Rimpleのメリット

ポイントが使える

クラウドファンディング「Rimple(リンプル)」では、「リアルエステートコイン」というコインを使い、「1コイン=1円」の価値で不動産に投資することができます。このリアルエステートコインは、他社サービスの各種ポイントから交換することが可能です。

ポイントが使える
クラウドファンディング「Rimple」で利用可能
クラウドファンディング「Rimple」で利用可能
1コイン=1円
1コイン=1円
出資の際に自動的に現金化
出資の際に自動的に現金化
営業活動の効率化による
売上高+利益増を目指します。
01

Zoom商談、IT重説、電子契約等の活用により、
営業業務の効率化と商談件数の拡大を推進

Zoom商談
Zoom商談

Zoom商談

IT重説
IT重説

IT重説

電子契約
電子契約

電子契約

RESTRUCURING

アナログ管理からデジタル管理にシフト。
工数 + 物理コストの削減により

一人当たりの生産性向上
売上高及び利益率の向上
目指します。

01

SFAツールのリプレイスと最適化を行うことで情報の一元管理とKPIの可視化を行うことで
1人当たりの生産性を1.5倍以上を実現します。

SFAツールのリプレイスと最適化を行うことで情報の一元管理とKPIの可視化を行うことで1人当たりの生産性を1.5倍以上を実現します。
02

手作業で行っている不動産買取査定をデジタル技術を用いた自動化システムを用いることにより、
一人当たり生産性を2倍にします。

手作業で行っている不動産買取査定をデジタル技術を用いた自動化システムを用いることにより、一人当たり生産性を2倍にします。

> 採用情報
> 土地売却のご相談