お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資にはご興味があったそうですね?

特別な投資手段とは思っていませんでした。

特別な投資手段とは思っていませんでした。

私の場合は職業柄、上手に株式投資をしようとしても、インサイダーに抵触するおそれが出てしまいます。有効な投資手段が限られるので、会計事務所は、投資不動産を所有している人が多い業界なのかもしれません。周囲に不動産オーナーが多かったので、特別な投資というイメージはありませんでした。私も興味を抱いて、経験豊富な上司に相談してみました。その方は、いくつもの投資方法を分散して経験した結果、不動産投資を選択したのだそうです。仕事の上でも尊敬している上司です。話を伺うと、すでに所有物件は9件。その取得ペースの早さに驚きました。でも、逆に言えば、バランスよくプランを組み立てれば、そのくらいのペースが可能だということでもあります。意欲が湧いてきました。

上司の方からの評判はいかがでしたか?

いくつかの会社の中から、プロパティエージェントを紹介いただきました。

上司は、複数の不動産会社とお付き合いしていましたが、そのうちの1社がプロパティエージェントでした。いくつかの会社の中からここを紹介してくれたのですから、上司の眼から見ても信頼できる会社なのだと思いました。実際、お付き合いしてみると、物件開発・販売から賃貸管理など、ワンストップで賄っている会社でした。万事をお任せできる安心感があります。提案してくれたプランも、自分が考えていた理想とギャップがありません。紹介物件も優良物件だと思えました。自分で投資プランニングを考えたとしても、それに見合う適正物件を探し回るのは大変です。家賃相場や周辺情報など、素人では把握しにくいこともあります。難しいところをお任せして、気軽に不動産投資を続けることができます。

田中様の不動産投資の目的とは何でしょう?

将来の選択肢を増やしておきたいんです。

将来の選択肢を増やしておきたいんです。

私は、ギャンブルのような投資は苦手です。リスクを取っても一度に大きな利益を得ようというやり方は、性に合わないんです。理想は、少しずつ長期的に取り組めるもの。ローリスク、ロングリターンで安定した投資手段を考えていました。老後を充実させることが目的の一つですが、私はもう一つ、早期リタイアについても考えています。この仕事を辞めたいわけではなく、将来の選択肢として余裕を持っていたいのです。会計士の資格があるので、企業の経理などの道があり、再就職はしやすい仕事だとは思います。でも、将来のためにヘッジをかけておけば、今、ストレスフリーな働き方ができるはずです。先々を充実させるために、今できることをやっておこうと思いました。

不動産オーナーの実感はわきましたか?

今は、複数契約の事務作業に追われています。

今は、複数契約の事務作業に追われています。

最初の1件目の引き渡しがいよいよです。まだオーナーとしての実感はありませんが、最初の家賃の振り込みがあれば、ちょっと感じるものがあるんでしょうか。私も上司に負けまいと(笑)一気に4件目の契約を決めたので、今はその契約で立て込んでいます。その引き渡しが終わらないと落ち着けませんね。ここまで勢いで来てしまいました。不動産投資の一番のリスクは入居者が決まらないことだと思います。家賃が確保できない状況へのリスクヘッジのために、最初から1件よりも2件とは考えていました。複数所有は考えましたが、 4件所有は想定外でした。4件に拡大したのは、消費増税の前に与信枠を使いきったほうが得策だと判断したからです。

いきなりの複数物件オーナーの誕生でした。

与信枠を知って、しっかり生かそうと思いました。

今は与信枠を使い切ることが目標です。使えるものを使って、資産を増やそうと思っています。不動産投資を始める前は、自分の信用力でローンを組んでもらえるなんて考えたことはありませんでした。与信枠があるなら、残しておいてももったいないだけだし、使い切るべきです。ローンには抵抗はありましたが、最悪、売却という手があります。それが不動産の強いところ。現金を同じ額の試算に置き換えているような感覚でした。物件価格も、何とかなるだろうと思える額でした。これがもっと高額物件だと、また違ってきたでしょうね。キャッシュフロー全体で考えて、ローン残債と売却時の資産価値を予測しました。バランスシート的な考え方です。一応、会計士ですからね(笑)。

営業担当のフォローは行き届いていますか?

友だちのような、良い間柄を築けています。

友だちのような、良い間柄を築けています。

担当とは気が合います。というか、中古物件の時は「いい物件でました!」と、早朝に野太い男の声で叩き起こされました。絶対、客だと思われてませんね(笑)。友だち感覚です、たぶん(笑)。最近は、週一で会って飲みに行っています。飲みに行く時も、しっかりプランニングしてくるんですよ。まず一軒目はここで食事をして、二軒目はここへ行って、三軒目はちょっとはじけようとか(笑)。年齢はちょっと離れているんですけど、ほとんど上下関係はありません。最近、お腹と態度が大きくなってますからね(笑)。でも、このままのお付き合いをずっとキープしてほしいです。出会ってから半年も経っていないのに、何でも聞けるいい間柄を築けていると思います。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

田中様への「エージェントの意義」

弊社への信頼を裏切りません。 

弊社への信頼を裏切りません。 

初めてお会いした時から、不動産投資への意欲を感じていました。不動産オーナーの先輩でもある上司の方に、追いつき追い越せというお気持ちなのではないでしょうか。これからも、近い距離で相談できる間柄でいたいと思います。弊社の企業イメージを気に入っていただけているので、その信頼を裏切らないようなアフターフォローを心がけていきます。プライベートでも仲良くさせていただいているので、パートナー探しでも貢献できればうれしいです。

採用情報
土地売却のご相談