お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資に対する抵抗感はありませんでしたか?

人生で重要なファクターの一つだと思っています。

人生で重要なファクターの一つだと思っています。

私は、保険と不動産、そして転職の3つは、人生で重要なファクターだと思っています。どれもタイミングが決め手となり、大きな影響力を持っています。不動産投資のお話を受けた時、そこに強いコネクションを持っておけば、何かの時に頼りになるだろうと思いました。もちろん、メリットもありますがリスクもあります。でも、人生をフォローするような重要なファクターで、リスクのないものはありません。将来のことなんて、誰も正確に予測できませんからね。不動産を所有しておくことも、悪くないことかなと。それほど深刻には考えませんでした。決断のスピードは早い方ですね。決断のスピードを速めることは、充実した人生を送るためには大切なポイントだと思っています。

投資へのリスクはどう捉えていましたか?

アクションしなければ見えないことがありました。

アクションしなければ見えないことがありました。

投資不動産を買おうと意識しだしてからは、きちんとリスクも見えてきました。当初は、自分がオーナーになるという実感がわかず、その先に何があるかも漠然としていました。でも、不動産投資の営業担当にプロの意見を聞き、アクションを起こしてみて、初めて見えてくることがあったんです。実はこれ、転職も同じように言えます。私はコンサルタントとしてその会社と深く付き合っているので、転職する方よりも会社のことを知っています。だから、その方が転職をしようとアクションを起こそうとするのであれば、自身だけでは知りえない会社の知識や情報をプロの意見を聞くことで、さらに新しい気づきが生まれます。不動産投資でも同様に、行動を起こさないとわからないことがありました。

営業担当とは思いがけないご縁だったそうですね?

御社に、郷里の幼馴染がいるとわかったんです。

御社に、郷里の幼馴染がいるとわかったんです。

最初は別の営業担当と話をしていたのですが、そのうちに、幼稚園から中学まで一緒だった友人が御社の営業にいることがわかりました。私は九州出身なんですが、彼とは目と鼻の先に住んでいて、ずっと一緒に遊んでいた仲でした。こんな不思議な縁があるのならと、担当を交代していただきました。彼とはプライベートでもよく付き合い、一緒に遊びに行っています。4月に結婚を控えているので、もうハメを外すようなことは控えめにしていますが(笑)。実は、奥さんになってもらう女性も、彼の同級生でした。彼が東京で九州出身者を集めた飲み会を企画してくれて、そこで出会った仲間の一人だったんです。紹介してもらったも同然ですね。彼には何でも話しているので、弱みも握られています(笑)。

人とのつながりを大切にされていますね。

たくさんの知り合いよりも、信頼できる「仲間」が大切です。

たくさんの知り合いよりも、信頼できる「仲間」が大切です。

東京に出てきてからSNSなどをやるようになり、フォロワーの数が多かったり、「いいね」の数が多かったりすることに憧れていた頃がありました。とりあえず誰かと繋がっていたくて、学生時代の友人たちとネットワークをつくったりもしました。でも、次第に、それは本当に価値のあることなのかと疑問を抱くようになったんです。本当の信頼関係は、数の多さではありません。つながりを失うことを怖がって遠慮するのではなく、時には厳しいことも言い合える「仲間」を作りたい。そんな友人こそ大切にしたい、と考えるようになりました。今、僕はちょうど、人生の転換期なのかもしれません。自分の好き嫌いをはっきりすべきだと思っています。

信頼できるお付き合いになっているでしょうか?

人も会社も、大切にしたいことは信頼感。

人も会社も、大切にしたいことは信頼感。

私が転職の世界ではプロであるように、保険や不動産の世界でも、それぞれにプロフェッショナルの方がいます。自分がどれだけ後から勉強したところで、その道のプロには知識量も専門性も勝てるわけがありません。であれば、そこはプロにお任せすべきだろうと。ただし、任せる以上は、信頼できる方でないといけません。その点では幼馴染の友人に担当になってもらえたことは、本当に幸運でした。会社とのお付き合いも同様で、紹介して終わりという会社は、人材紹介でもよくあります。その先のお付き合いがしっかりできる会社が、本当に信頼できる会社ではないでしょうか。これからも優良物件があれば、ぜひ紹介していただきたいです。

不動産投資で、どんなリターンを受け取りましたか?

お金に代えられない「人とのつながり」です。

お金に代えられない「人とのつながり」です。

将来の事を考えるためのきっかけになったと思います。自分は客ではありますが、営業職としては逆の立場になることもあります。プロパティエージェントさんからは、購入物件以外のプラスαをいただけました。テイクはすでにもらったので、次は、友人である営業担当に恩返しすることができたら嬉しいです。自分がアクションを起こしたことで人とのつながりが生まれ、人生を考え直すきっかけをつかめました。不動産投資のリターンには、お金には代えられない「人とのつながり」があります。

奥様になる方は、どんな方ですか?

彼女は、僕にないものを持っている人です。

彼女は、僕にないものを持っている人です。

彼女は、僕よりもどっしりと構えている人。肝がすわっています。そこが僕にはないところ。お互いにいいところを吸収しあって、成長していきたいと思います。営業として仕事で成功するには、どれだけ素直になれるかです。自分が至らない時に、素直に謝ることができる人間が伸びていけるのだと思います。それも彼女と付き合って教えてもらったことの一つ。その点から言っても、彼女を紹介してくれた彼には感謝しています。大学を卒業してからは、毎日のように遊んでいましたが、今はだいぶ落ち着いてきました。遊んでいた頃は、その時間を楽しんでいたのですが、今は落ち着いた時間もまた幸せな時間だなと思えるようになりました。これも、彼女のおかげです。やっぱり年貢の納め時ですね。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

小野様への「エージェントの意義」

一担当者を超えて、人生をバックアップできるように。

小野様を一言で表すと、優しい人。優しいというのは、うわべだけではなく、親身だからこそ厳しくお付き合いできるということ。だから、ダメなところは、はっきりとダメだと意見していただけます。そして、知らないことをスポンジのように素直に吸収できる方です。同じ営業職として、共通する環境に身を置いていますし、気持ちにも通じるものがあります。互いにアドバイスをおくり合って成長していきたいです。友人としてのバックグラウンドもありますので、不動産営業の担当者としてだけでなく、それ以外の価値、ベネフィットも与えられる存在でありたいと思っております。

採用情報
土地売却のご相談