お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資を、縁遠く感じていたそうですね?

若いお二人の熱心さがイメージを変えました。

若いお二人の熱心さがイメージを変えました。

不動産投資は初めての体験です。バブルの後にローンを返すのが大変な話を聞いていたので、怖い印象が先行していました。不動産は大きく価値が変動するものだ。素人には手を出せそうにない。失敗話がたくさんある。そんなイメージです。後ろで、恰幅のいいおじさんがオストリッチのセカンドバックを持って控えているような絵が浮かんでいました。それが、お会いした二人はすごく若い方々。恰幅のいいおじさんは一緒にいません。しかも、お二人は話が詳しいんです。こちらが内容を理解するまで、なんども繰り返し熱心に話してくれます。私に知識がなくてきょとんとしていても説明をあきらめません。こんな優秀な社員がいるなんて、どういう会社なんだろう。興味を持ったのは、まず、そこでした。

投資に踏み切れた要因は何でしょう?

この会社なら、ずっとフォローしてくれると思えました。

この会社なら、ずっとフォローしてくれると思えました。

お二人は、こちらの不安な気持ちにも付き合ってくれて、私の話にもじっくりと耳を傾けてくれました。納得のいく会話ができたので、すぐにサイトで会社情報を調べたんです。上場もされてるし、着実に業績を上げている会社だとわかりました。いきなりなくなってしまうような会社ではないし、熱意のある社員を抱えています。社長さんも昔からの顧客を大事にしていて、今もフォローを続けているそうです。この会社なら、ずっとついていてくれると確信できました。このレベルの会社に何かある時は、もう国がどうかなってしまう時でしょう。それと、サイトがサクサク動くことにもびっくりしました。うちの会社のサイトよりずっと軽い。これならお客さんもたくさん見に来てくれそう、とそっちにも関心がいっちゃったんですよ。

ライフプランについては考えていたそうですね。

何かやらなきゃと、もやもやしていました。

何かやらなきゃと、もやもやしていました。

株式はインサイダーの可能性があるのであまり関わらないようにしているんですよ。社内のコンプライアンス上、許可を得なきゃいけないので、売りも買いも面倒くさいんです。投資信託も手数料がかかるし、やっぱり面倒が多い。でも、私たちの世代はもう年金には期待できません。そう考えると、この先は、お金にお金を稼がせるしかないんです。だから何かはしなくちゃいけない。何をやるか、早く決めようと思っていました。でも何がいいんだろう。心の中でもやもやしていました。個人年金保険には担保として付いてくるものは何もありませんが、不動産投資なら物件が付いてきます。日常的にやらなきゃいけないことはたいていエージェントがやってくれるので面倒くささがなくて、忘れていても資産として残るものがあるので魅力的に感じました。

クレイシアはご確認されましたか?

かわいくて、細かな気づかいがたくさんありました。

かわいくて、細かな気づかいがたくさんありました。

物件は見に行きました。すごくキレイで、かわいいんですよ。普通のマンションのイメージとは違います。あれなら、男性でも喜ぶんじゃないかしら。暗くなりがちなゴミ捨て場も明るい色使いで、非常階段も柔らかい素材を使っていたり、ちょっとした気づかいが嬉しいんです。トイレの棚とか、なかなか無いんですよ、ああいう棚。洗濯機をのせる台とか、あれ欲しいんです、私。ガスも電気もどちらも使えるので、どっちか止まっても大丈夫だから、震災時にも対応力があります。これなら、売却の時も買ってもらえそうです。細かいところに喜ぶところがたくさんありました。よくこんなところまで手を尽くそうと決断したなと思ったら、決定を下した社長さんの顔もちらつきましたよ。一般的には何でもコストを抑えようとする社長さんが多いと思うんですよね。

決断までに壁はありませんでしたか?

家族に迷惑をかけないこと。それが条件でした。

家族に迷惑をかけないこと。それが条件でした。

まず、自分の信用力に不安がありました。ローンの与信が通らなければ買えませんから。それに、長期の返済に耐えられるかも不安でした。家族に負担はかけられません。周囲に迷惑をかけたくない。一人で完結したかったんです。でも、団体信用生命保険(※)に入れることがわかりました。これなら、家族に迷惑をかけることはありません。連帯保証人もいらないから、私一人で完結できます。そうとわかると、パッと視界が広がりました。私、決めると結構早く実行に移すタイプなんです。あとは「やっていこう」という気持ちを持てるかどうかじゃないですか。周囲からも、将来を考えるなら早く手を打ったほうがいいとアドバイスをもらっていたので、決断することにしたんです。

※団体信用生命保険/住宅ローンを借りた方が死亡したり、高度障害等になったりした場合に、金融機関で残った住宅ローンを支払う保険。一般の生命保険と違い、保険金の受取人はローンの支払いを代行する金融機関となっています。

営業担当に期待することはなんでしょうか?

専門性を深め合う勉強仲間になってください。

専門性を深め合う勉強仲間になってください。

私は仕事で内外にコミュニケーションをとりまくっているので、仕事が終わると疲れ切って何もしたくなくなるんです。そのまま寝ちゃいたいってことがよくあるんですよ。普段の私は面倒くさがりなんです。だから今回はご縁があってよかった。営業の二人との相性もいいと思っています。管理業務や入居者フォローは安心して任せておけます。お二人とも熱心に仕事をしていることが伝わってくるので、これがずっと続いて欲しいですね。このまま会社の規模が大きくなっても熱さを失わないでいて欲しいです。これから期待することは、色々な相談ができる勉強仲間になっていただくこと。自分もできるだけ知識を身につけて成長し、お二人と討論できるように専門性を深めていきたいです。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

齊藤様への「エージェントの意義」(原田)

齊藤様の向上心を尊敬しています。

齊藤様の向上心を尊敬しています。

齊藤様は、保険に近い考え方で投資不動産を所有されていると認識していました。ところが、自分を律するものとか、専門性を深めていくための起爆剤にしたいとか、今日、改めてお話を伺って驚いています。私は全部お任せしていただければいいと思っていましたが、齊藤様はご自分が主体となって取り組もうとしていらっしゃいます。おそらく、近い将来には宅建主任の資格も取得されるでしょう。これからも、不動産という枠を超えて、ご興味や趣味など広く寄り添えるようにサポートしてまいります。

齊藤様への「エージェントの意義」(吉田)

お母様を心配させないようにフォローします。

お母様を心配させないようにフォローします。

2件目の物件所有を決断される時に、齊藤様の明確な意義を感じました。それは、ご家族が安心できるようにしていくことです。齊藤様が不動産所有で苦労したり困ったりする姿を、お母様にお見せするわけにはいきません。複数件所有を絶対に後悔させないように、できるだけ手を煩わせないように、齊藤様のお母様を心配させないようにフォローすること。それがエージェントの意義です。3件目所有の時には、お母様も驚かれたそうですが、将来の備えとしての考えを伝えると、ご自分も物件を見に行きたいとポジティブに考えてくださるようになったそうです。

採用情報
土地売却のご相談