お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

同じ業界にいらしたこともあったそうですね。

プロパティエージェントの存在は印象的でしたよ。

プロパティエージェントの存在は印象的でしたよ。

今の仕事に就く前に、不動産業界に身を置いたことがありました。その時に、お取引こそありませんでしたが、プロパティエージェントさんの名前は存じ上げていました。順調な経営状態を耳にしていましたし、明快な経営理念を前面に掲げているところは、業界でも稀有な存在です。それと、若い社員を大事にしている点でも好感の持てる企業だと感じていました。不動産業界を知ることで、不動産投資の仕組みのすごさに気がついたのですが、その当時はまだ余裕がありませんでした。今の会社に移って資金的なベースもできたので、いよいよ不動産投資にチャレンジしようと。その時に、真っ先に名前が浮かんだ会社がプロパティエージェントさんでした。

以前から社名をご存知だったとはうれしいです。

不思議な「縁」を感じる出会いでした。

不思議な「縁」を感じる出会いでした。

初めて営業の方とお会いしたのはGW明けでしたね。それまでに何回か電話でやりとりはしていたのですが、お顔を拝見するのはその時が初めて。説明を伺うととても丁寧でわかりやすい。投資の仕組みなどについても、マメに勉強されていることがよくわかります。こちらも積極的に投資の幅を広げて行きたいと計画しているので、担当になっていただいてよかったなと感じています。不動産投資をやるなら、まずここに相談してみようと思っていた会社からお話を頂いたので、営業の方との出会いには「縁」を感じましたね。

すでに不動産投資にご興味があったのですね。

業界にいたので、納得できる仕組みだと気がつきました。

昔は不動産投資と聞くと、投機的なイメージが強く、転売して儲けるものという先入観がありました。それが、自分が不動産業界に入って不動産投資の仕組みを知り、こんなに理にかなった仕組みはないことに初めて気づいたのです。それまでは、ローンを組むことにもローン=借金という点にばかり気をとられ、借金は悪いこととしか考えていませんでした。転売によるキャピタルゲインではなく家賃収入というインカムゲイン主体の仕組みを知って、正直、もっと早く取り組むべきだったと後悔したものです。

積極的に投資をお考えになったのはどうしてですか。

将来の不安に、先手を打っておきたかったのです。

将来の不安に、先手を打っておきたかったのです。

今は保険業界で営業職をしています。収入は増えましたが、営業職なので、どうしても好調な時とそうでない時の波はあります。何か収入面での担保が欲しいと考え、資金面が整いしだい不動産投資に着手したいと、転職後から準備していました。先の見えにくい時代なので、仕事でお客様と話をしていても、将来への不安を口にする方はいらっしゃいますね。60歳で定年を迎えたら、年金の出る70歳までの空白期間をどう過ごそうか。先々に不安があると、今を元気に過ごすパワーまでなくなるような気がするんです。私も将来への安心材料を提供したいと思って仕事をしているので、不動産投資も選択肢のひとつになると思います。

不動産投資の実感はいかがですか。

ワクワクできるような将来をつくっていきたいです。

ワクワクできるような将来をつくっていきたいです。

物件のロケーションや入居率についてはプロパティエージェントさんに任せておけるので、細かい心配はしていません。顧客パーティで他のオーナーさんとも知り合いましたが、アーリーリタイヤを計画されたり、セカンドライフの準備に入られたり、夢に向かって取り組んでいられる方が多いんですよ。先々の見通しが確保できると、将来にワクワクできますね。私も、さらに所有物件を増やして将来に備えたいと思っています。すでに100戸以上を運用する方もいらしたので、ぜひ目標にしたいです。

不動産オーナーになって変化はありましたか。

いちばんの変化は、家内の態度かもしれません。

いちばんの変化は、家内の態度かもしれません。

不動産オーナーになって変ったのは心構えですね。もっと効果的に資産を増やそうという意欲が湧いてきました。これでいけるという見通しを実感できたことが大きいのでしょう。それと、家内の私を見る目が変りました(笑)。今では彼女自身も資産運用に興味があるようで、今度はどの辺りが買いかしらと攻めの発言をしてきます。実は、家内の父親は会社経営者で、それも創業以来28年間ずっと黒字経営という凄腕なんです。それで、よく比較されて。まだまだ父には敵わないわねとハッパをかけられたりします。運用状況も順調なので、だいぶ認めてくれるようになったとは思うのですが、簡単にはほめてくれません。でも、それが逆にモチベーションアップにつながっているんです。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

福永様は、こんな方

「ご縁」を感じるうれしい出会いができました。

福永様は、体育会系のさっぱりした方。まさに竹を割ったような気持ちのいい性格で、率直な意見を頂いています。現在は、営業所の新人採用や部下の育成も重要なミッションとされています。人材に関しては、若い当社にとっても大切なテーマの一つなので、福永様から伺う人材観などはとても勉強になっています。女性営業職の戦力化など、私どもと共通する課題も多いので、ぜひアドバイスをお願いいたします。私も部下のモチベーションを引き上げ、ポテンシャルを伸ばせるような上司でありたいので、福永様を見習って成長したいと思っています。

福永様に対する「エージェントの意義」

「ご縁」を、さらに深めていける関係に。

前職が不動産業界ということで私どもの社名をご存知だったことはうれしい驚きでした。業界を取り巻く環境などについても、より深いお話ができました。お互いに「ご縁」がありますねと、親近感を持ってお近づきになれたことはありがたいことだと感じています。保険業界の方は私のクライアント様にも多いのですが、皆さん様々なリスクヘッジをご存知です。福永様も周辺の知識が豊富で、ポートフォリオに関してもお詳しい。これからも、打てば響くような関係を築きあげていくことが私の目標だと思っています。

福永様へのアドバイス

さらなるステージアップに進みましょう。

当初は借入れをつくることにネガティブな印象をお持ちのようでしたが、家賃収入で返していけるという仕組みに納得していただけてからは、ポジティブに取り組もうという意欲を感じます。一度チャレンジを決めたら臆することなく進まれるタイプです。ガッツとバイタリティにあふれていらっしゃいますね。今後のアドバイスを差し上げるとすれば、再投資のステージアップにできるだけ早く進みましょうということです。借入れに対するレバレッジは有効ですが、効果的な繰上げ返済を行えば、さらにスケールアップの道に近づけるはずです。100戸以上のオーナーになること。もちろん、福永様なら不可能ではありません。