お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資にはご興味ありましたか?

いつかきちんと話を聞いてみたいと思っていました。

いつかきちんと話を聞いてみたいと思っていました。

不動産投資に関しては、以前にも別の会社からアプローチを受けていました。何度か話しを頂いていたので、時間があるときに一度くらいは聞いてみようか、というくらいの気持ちでした。興味はあったので、自分でもきちんと理解しておきたかったのです。実は、5~6年前にも不動産投資の情報収集はしたことがありました。その時には、実際に物件も見せてもらいました。でも、金利等の条件面などで納得いくところまでいかなくて、まだタイミングじゃないのかなと、インターバルを置くことにしたのです。投資自体の経験も以前に信託投資をしたくらいでした。株式はやったことはありません。仕事柄、インサイダーになっては困りますから。

不動産投資を具体的に考え始めたきっかけは?

将来のために打てる手として考えるようになりました。

将来のために打てる手として考えるようになりました。

コンサル会社に勤めていると、ある程度の収入を確保できていると思われるのかもしれません。でも、収入があるから不動産を所有しようと、短絡的に考えてはいませんでした。ただ、子供が生まれたことでライフプランがちょっと変わったんです。家族のために、将来のために、何か打てる手はないだろうか。今からできることはなんだろうか、という気持ちが芽生えてきました。今回、プロパティエージェントさんから話があったときは、最初の1、2回は「今、ちょっと忙しいので」とお断りしました。すると、結構あっさりと引き下がってくれたので、いつも電話をしてくる不動産会社とは少し違うなと思いました(笑)。それで、今度、時間があるときにアプローチが来たら、しっかり話を聞いてみようという気になりました。

ご自分でも調べたことがあったそうですね。

自宅マンション購入の時に、気がついたことがありました。

自宅マンション購入の時に、気がついたことがありました。

暮らしのために住居用のマンションを購入したのですが、その時に、マンション購入のメリット、デメリットに気がつきました。新築物件のイニシャルコストを見ていると、程度のいい中古物件のほうがいいのかなとも感じます。リスクでいうと、そのあたりが気になりました。現在の物件相場は、一度マイナスになってから戻るような感じじゃないですか。メリットとして期待したのは、将来の資産形成を自分の手持ち資金以外でできるレバレッジ効果です。少ない自己資金で高い利回りを見込めることは魅力的ですし、賃貸のワンルームなら老後になってからも一定の家賃収入が確保できます。日本の不動産投資は、キャピタルゲインよりも、インカムゲインを期待すべきだと考えています。

不動産投資は現実的な選択でしたか?

周囲の話も耳にして、ごく普通の選択肢だと思えました。

周囲の話も耳にして、ごく普通の選択肢だと思えました。

周囲には、すでに不動産投資を始めているという人がいて、何度か話題にはのぼっていました。不動産投資をしている方たちは、特に誰かに勧めるということではなく、あくまで自分が取り組んでいることとして話されていました。私も、それに影響されたわけでも羨ましいと感じたわけでもありません。むしろ、不動産投資とは特別な作戦ではなく、ごく普通の選択肢の一つなんだと理解しました。ローンは決して小額ではありませんが、実際に契約してみると、それほど大きな負担には感じていません。今回よりも住宅用のマンションローンのほうがプレッシャーがあります。住居用マンションは家族が暮らしていく場所ですから。投資用マンションは、最悪でも売れば何とか対応が効くと割り切れます。

会社情報や物件情報のことで気になることは?

営業の二人には、いろいろと質問をぶつけてしまいました。

営業の二人には、いろいろと質問をぶつけてしまいました。

会社情報に関しては事前に調べました。これから長いお付き合いがありますから評判は気になります。結果的には、いい情報のほうが上回り、悪い評判はあまり出てきませんでした。物件情報に関しては、私は考えられるリスクを一つ一つ潰していくタイプです。自分の体力も考えて、これならマネージメントできるという確信を得るために質問をぶつけていきました。今振り返ると、質問ばかりのお客で面倒だったのではないでしょうか。でも、お二人はこちらの意図を理解して、その都度応えてくれました。遠慮なく質問をぶつけることができたのでストレスなく付き合えたのでしょう。担当営業としても、どこで次の話を切り出して進めていくか、間合いの取り方も上手だったと思います。

不動産投資を始めて、何か変化はありましたか?

給料の使い方に、もう一つのオプションができました。

給料の使い方に、もう一つのオプションができました。

私にとって不動産投資とは、「人生設計、生活設計の一つ」です。びっくりするほどの大きなリターンではありませんが、リスクもそれほど高くはない。仕事をしながらできるバランスのいい投資だと思います。給料の使い方に、貯める、使う以外に、もう一つのオプションが手に入った気持ちです。家内には、ある程度話がまとまってから切り出しました。「いいよ」とは言っていましたが、ちょっと抵抗があったのかもしれませんね。万が一の時には財産として残るんだからという話もしたのですが、どれだけ納得してくれたでしょうか。まあ、このあたりは日頃の夫婦間の会話不足の影響が大きいかもしれません。我が家の課題として考えないと(笑)。これから信用を勝ち取る計画を立てます。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

芳賀様はこんな人

私が成長することで恩返しをさせていただきます。

私が成長することで恩返しをさせていただきます。

芳賀様は、世界的なコンサルティングファームで手腕を発揮する経営のプロフェッショナル。ビジネスマンとして順調なキャリアを重ねてこられた方ですが、実は、お子様と遊んでいる話をしている時がいちばん楽しそうな笑顔になります。9歳と4歳のお子様が独り立ちされるまで、長いお付き合いとなりますので、芳賀様のライフステージに合ったプランをその都度紹介させていただきます。当社で毎年開催する年末パーティにも、ぜひご家族で参加してください。これからも営業として人のつながりを大切にいたします。私の成長こそ、芳賀様へのいちばんの恩返しになると思って業務に励みたいと思います。

芳賀様への「エージェントの意義」

これから一緒に、奥様からの評価を獲得しましょう。

これから一緒に、奥様からの評価を獲得しましょう。

芳賀様は周辺知識の情報量も豊富な方で、高いスタートラインからお付き合いを始めることができました。一回目の商談の時から感じていたのは、堅実なタイプでいらっしゃるということ。立ち居振る舞いからも、あえてリスクの高いものに手を出すようなことはなさらないだろうと思いました。冒険をしない慎重な方に選んでいただけたことは、私たちの堅実性への評価でもあり、嬉しいことです。私のこれからの仕事は、奥様からよりよい理解をいただくことだと思っています。そのためには繰り上げ返済を後押しし、P/L(損益計算書)上のプラスを厚くしていくことです。早く利益を生み出す構造をつくりあげて、一緒に奥様からの高い評価をいただけるようになりましょう。