お客様インタビュー

営業担当インタビューを見る

不動産投資にはどんなイメージがありましたか?

トランプのような大金持ちのやることだと思っていました。

トランプのような大金持ちのやることだと思っていました。

これまでに資産運用の経験はなく、強いて言えば、4年前に加入した生命保険。それが初めての資産運用です。その時の生命保険の担当者がプロパティエージェントさんを紹介してくれたのです。その時は、不動産投資なんて大それていて、それこそドナルド・トランプのような大金持ちにしかできないことだと思っていました。私は祖母からもらったお小遣いを貯めていて、社会人になったときには、まとまった貯金ができていました。入社した会社の給料も無駄遣いする事もなかったので、すぐにお金を増やさなくてはという焦りもなかったのです。話をいただいても、自分が当事者になるとは思ってもいませんでした。

不動産投資を検討したきっかけは何ですか?

老後のことを考えたからです。

老後のことを考えたからです。

僕らの世代は、老後に向けて何も対策をしないのはリスクです。いずれ対策をするのであれば早く手を打ったほうがいいだろう。そう考えたのです。
そういった中で、不動産投資の仕組みを活用すれば安定収入の確保ができるのではないか。老後への対策になるのではないか。
それが不動産投投資に興味を持ったいちばん大きな要因でした。

何が不安材料になりましたか?

築35年以上のマンションに入居者がつくのかが不安でした。

築35年以上のマンションに入居者がつくのかが不安でした。

自分にもできる投資手段だとわかっても不安は残りました。果たしていつまで入居者の方が入ってくれるのかという問題です。ローン期間は35年間もあります。35年後のマンションに、住んでもらえるだけの魅力が残っているのでしょうか。自分なら、わざわざ中古マンションに住もうとは思いません。それが心配でした。

入居者の不安は拭い去ることができましたか?

根拠あるデータを示されて、納得できました。

根拠あるデータを示されて、納得できました。

入居者の問題は、担当の方から提示していただいたデータを見て不安が払拭されました。築35年の物件の家賃がどれくらい維持されているのか、建物自体どれくらいもつのか、東京都の今後の人口の見込みはどうなるのか、根拠のあるデータを見て納得できました。自分でも実際に物件を見に行くことによって確信することができました。そういった不安要素を一つ一つしっかりと丁寧に教えてくれましたので、打ち合わせを重ねていく中で、プロパティエージェントさんの担当にお願いしたい気持ちが生まれました。そしてプロパティエージェントさんの物件ならば老後の安定収入の確保になるだろうと思いました。

私たちを選んでいただけたのは、どうしてですか?

最終的な決め手は、担当営業の人柄です。

最終的な決め手は、担当営業の人柄です。

実はいくつかの業者から不動産投資を勧められていたので、どのタイプの不動産投資が自分に1番合っているのか、どこの物件が一番良いのか散々悩みました。
しかし、最後の決め手となったのは、商品や立地ではなく、担当営業との信頼関係でした。他の業者の方は、面会時間にもたびたび遅れて、基本的な約束も守ってもらえません。プロパティエージェントの担当の方は、提供してくれる情報も信憑性があるからこそ、納得がいきました。なんと言っても「僕を信じてください!」という真剣な言葉から担当者の仕事への本気さを感じました。私は、商品そのものよりも営業担当の人柄を見るタイプ。重要な決定を下すときに一番大きなファクターとなるのは、人としての信頼性です。将来のために不動産投資に取り組むという覚悟はできていましたので、担当営業マンの本気の言葉から、この人についていこうという気持ちになれました。

小山様にとって、不動産投資とは何でしょう?

担当営業マンと今後の人生でつながっていく為のものです。

担当営業マンと今後の人生でつながっていく為のものです。

私は人生を最も豊かにしてくれる事は、人との出会いであり、お金を得ることではないと思っております。この不動産運用を取り組むことによって、今後もこの営業マンと繋がっていく事ができる。それが一番の喜びです。
この人なら仮に空室になったとしても、一生懸命入居者を見つけてくれるだろうと思い、また仮に退社したとしても、信頼できる後任者をつけてくれるだろうと思いました。結果として私が購入した物件は人生を豊かにしてくれる人との出会いを生み出してくれました。
引き継いでくれた矢野さんも、私が応援したくなるような方です。こんな出会いを導いてくれたマンションですから、当分は売りたくないですね。将来の安定収入のために購入したはずのマンションでしたが、所有して、もう目的が変わってきています。

不動産投資を始めて変わったことはありますか?

「東京」が奇跡の街だという意識が生まれました。

「東京」が奇跡の街だという意識が生まれました。

投資への抵抗が払拭されましたが、それ以上に都市に興味を持つようになりました。マンションや街そのものへの意識が変わったと言えばいいんでしょうか。
函館に訪れた際に街を見ると、観光スポット以外は、シャッター街で、日中に20代、30代の若者の姿を見かけることがありません。街が衰退していく寂しさを感じました。それに比べると、東京はやはり特別な街です。人も多く、町も再開発され、改めて奇跡の街だなと思うようになりました。そして、影響は小さいのかもしれませんが、東京の街づくりに参加していると思うと、気分は高揚してくるのです。

不動産投資の目的が、人とのつながりになったのですね。

私の幸せとは、お互い成長していける人とのつながりだと思います。

私の幸せとは、お互い成長していける人とのつながりだと思います。

最近は、お金持ちになったとしても、果たして、自分はそれで幸せなのだろうかと思うことがあります。自分にとって幸せな人生とは何だろう。そこを考えていくと、幸せとは、仕事でスキルアップし、人間性でレベルアップすることではないかと思い至ったのです。私は「類は友を呼ぶ」という言葉を信じています。自分が刺激をもらえるような人と出会うには、自分自身も成長する人間でなくてはいけないと思っています。先任者も引き継いだ矢野さんも、営業担当の方からは「お客様のために」という言葉が自然と出てきます。きっと、そういう価値観が好きな人たちが、出会うべくして出会ったのではないか。そう思えることが、プロパティエージェントさんとのお付き合いで感じる、なによりのうれしさなのです。

営業担当インタビュー

お客様インタビューを見る

小山様への「エージェントの意義」

信頼を引き継いで、期待にお応えしていきます。

信頼を引き継いで、期待にお応えしていきます。

小山様は前任者から引き継いだばかりのお客様ですが、お話をしていると、前任担当の名前が何度も何度も出てきます。小山様と営業担当の結びつきの強さを感じますし、その信頼感を私の代で失うわけにはいかないという気持ちでいっぱいです。営業担当とのつながりは、お客様の満足度に比例します。「矢野さんも頑張って信頼を引き継いでほしい」という小山様の期待を感じて気持ちを引き締める毎日です。私がこれから営業としてのスキルを磨き、立場を上げることができれば、小山様に貢献できることも広がるはずです。小山様に負けないように、私も成長していきたいと思います。